このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

VDSL方式の場合

既存の電話回線を利用したVDSL方式の場合

モジュラーケーブルが電磁波やノイズなどの影響を受けると速度が低下する場合があります。
モジュラーケーブルは、以下のような場合に特に電磁波やノイズなど外部からの影響を受けやすくなります。

  • 長いモジュラーケーブルで各機器を接続している。
    長いモジュラーケーブルで各機器を接続している。
  • おすすめする事例(LANケーブルを長く配線する場合)
    おすすめする事例(LANケーブルを長く配線する場合)
  • 品質の良くないモジュラーケーブルを使用している。
  • 他のケーブル(電源ケーブルなど)とモジュラーケーブルを平行して配線している。

※極力VDSLモデムに同梱のモジュラーケーブルもしくは、ノイズに強いケーブルをご利用ください。(シールドタイプで、ツイストペアのケーブル)

※モジュラージャックからパソコンの使用場所が離れている場合、長いモジュラーケーブルを使うよりも、短いモジュラーケーブルと長いLANケーブルを使ってモデムをモジュラージャックに近い位置に設置する配線にしたほうがノイズの影響を受けにくくなります。

住友電工製VTE50××、富士通製B4、NEC製VF200Fもモデムをご利用の場合

インラインフィルターが同梱されておりますが、インラインフィルターの未設置、または、逆向きで設置している場合は、速度に影響があります。
正しい機器類のつなぎ方は「機器の配線・接続方法」をご確認ください。

機器の配線・接続方法

速度改善に配線工事をともなうケース

[事例その1]モジュラージャック内部に取り付けられたコンデンサー

モジュラージャックのパネル内部にコンデンサーが取り付けられている場合があります。これは音声帯域を増幅するために設置しているものです。
このコンデンサーが通信に影響を与えている可能性があります。

ご確認ください

無資格の方がモジュラージャックのフタを取り外して内部に触れることは原則として禁止されております。

モジュラージャック内部に取り付けられたコンデンサー

[事例その2]ご自宅内に2つ目以降のモジュラージャックがある場合

ご自宅内にモジュラージャックが2つ以上ある場合(マルチ配線)、VDSLの信号が反射しノイズとなり通信速度に影響を与えることがあります。

このように、各部屋にモジュラージャックがある場合は、VDSLモデムを設置される部屋以外の部屋の電話の配線を切り離すことで、改善する場合があります。

上記のような事例に該当する場合や、通信速度が思ったより出ない場合は、eoサポートダイヤルにお問い合わせください。

遠隔での速度診断実施による切り分け後、ご希望の場合工事にお伺いいたします。

※工事は別途有償となります。

なお、工事を実施しても他の要因があった場合、通信速度が改善しないケースもございますのでご了承ください。

ブロードバンドルーターを利用する場合

[事例その3]他の機器からのノイズ影響

ご自宅のさまざまな環境が要因となって、VDSLの安定した通信を妨げるノイズが発生し、その影響を受けることによって、通信速度が遅くなったり安定しなくなることがあります。

冷蔵庫、電子レンジ、蛍光灯、インバーターエアコン、ホットカーペットなどの家電製品のノイズが電源コンセントと通じ、VDSLモデムに悪影響を与えている場合があり、ノイズフィルター内蔵の電源タップを設置いただく事で改善できる場合もあります。