このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Windows 10 メールアプリ 設定済み内容の確認方法(IMAP)

ここでは、「Windows 10 メールアプリ」での「メールアカウント設定確認方法(IMAP)」について説明します。

メール送受信時にエラーが表示された場合など、設定の確認が必要な場合にご利用ください。

※設定画面は、Windows 10のバージョン 1703を元にしています。それ以外のバージョンでは、若干画面が異なる場合があります。

設定済み内容の確認方法

STEP 1

画面左下の〔スタート〕ボタンをクリックします。

画面左下の〔スタート〕ボタンをクリックします。

STEP 2

スタートメニュー(スタート画面)が表示されます。
メール〕をクリックします。

スタートメニューから〔メール〕をクリックします。

STEP 3

受信トレイが表示されます。
画面下の〔設定アイコン〕をクリックします。

画面下の設定アイコンをクリックします。

STEP 4

設定一覧の中から〔アカウントの管理〕または〔アカウント〕をクリックします。

設定一覧の中から〔アカウントの管理〕または〔アカウント〕をクリックします。

STEP 5

確認したいアカウント名〕をクリックします。

〔確認したいアカウント名〕をクリックします。

STEP 6

各項目を確認し、〔メールボックスの同期設定を変更〕をクリックします。

各項目を確認し、〔メールボックスの同期設定を変更〕をクリックします。

パスワード お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)※半角入力
アカウント名 メールソフト内でアカウントを管理するための表示名です。
ニックネームなど自由に入力することができます。

STEP 7

メールボックスの詳細設定〕をクリックします。

〔メールボックスの詳細設定〕をクリックします。

新しいメールをダウンロードする頻度 アイテムの受信時」「使用状況に応じて」「15分ごと」「30分ごと」「1時間ごと」「2時間ごと」「手動」から選択します。
現在の同期間隔 新しいメールをダウンロードする頻度]で「使用状況に応じて」を選択した時のみ表示される項目です。
常にメッセージ全体とインターネット画像をダウンロードする 任意でチェックを入れます。
ダウンロードするメールの期間 過去7日間」「過去2週間」「過去1か月」「過去3か月」「すべて」から選択します。
過去のメールを同期させる対象期間を設定することができます。
例えば、「過去1か月」と設定すると1カ月より過去のメールは、メールサーバー上に保存されていても同期されません。 過去のすべてのメールを同期させたい場合は、「すべて」に設定してください。
この名前を使用してメッセージを送信

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメッセージの送信者名(差出人名)になります。 ニックネームなど自由に入力することができます。

STEP 8

メールボックスの詳細設定の各項目を確認します。
完了〕をクリックして画面を閉じてください。

〔完了〕をクリックして画面を閉じてください。

メール オン」を選択します。
受信メールサーバー imaps.eonet.ne.jp※半角入力
送信(SMTP)メールサーバー smtps.eonet.ne.jp※半角入力
送信サーバーは認証が必要 チェックを入れます。
メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う チェックを入れます。
受信メールにSSLを使う チェックを入れます。
送信メールにSSLを使う チェックを入れます。

これでWindows 10 メールアプリの設定済み内容の確認(IMAP)は完了です。