このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

無線LAN詳細設定(5GHz)

10ギガ対応eo光多機能ルータークイック設定Webで、「無線LAN」>「無線LAN詳細設定設定(5GHz)」を選択した画面についてご説明します。
ここでは、無線LAN詳細設定(5GHz)の各種設定を行います。

5GHzモードには2つのネットワーク「プライマリーSSID」「セカンダリーSSID」があります。(マルチSSID)
それぞれのネットワークに対して、異なるセキュリティー設定(暗号化機能、ESS-IDステルス機能、MACアドレスフィルタリング機能)ができます。

マルチSSID

無線LAN詳細設定(5GHz)

ご確認ください

設定内容を変更し「設定」ボタンをクリックすると、変更内容は即時に有効となりますが、「保存」ボタンをクリックするまでは設定内容が保存されませんので、ご注意ください。

無線LAN端末から設定を行うと、「設定」ボタンをクリックしたあと、無線LAN接続が切断される場合があります。
その場合は、再度クイック設定Web画面を開き、[保存]ボタンをクリックして設定内容の保存を行ってください。

5GHz帯無線LAN通信(802.11a/n/ac/ax)の無線LAN通信に関する設定を行います。 「対象ネットワークを選択する」で、設定を行うネットワーク「プライマリーSSID」または「セカンダリーSSID」を選択してください。 以下は「高度な設定を表示」をクリックした画面です。「標準設定に戻る」をクリックすると、標準設定に戻ります。

無線LANアクセスポイント(親機)設定

無線LANアクセスポイント(親機)設定

無線機能

セカンダリーSSIDのネットワークはお届け時は無効になっているため、使用する場合は〔ON〕にしてください。
(プライマリーSSIDでは本設定は変更できません)
一部ゲーム機などで、セキュリティー強度の低いネットワークを使用したりする場合に、強固なセキュリティーを設定したメインのネットワーク(プライマリーSSID)とは分離されたネットワークを設定することができます。

ネットワーク名(SSID)

本機器の5GHz帯の無線LAN通信で使用するネットワーク名(SSID)を入力します。
半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダースコア)を使用して32文字以内で入力してください。
なお、本機器のほかのネットワーク名(SSID)と同一の名称を使用することはできません。

11axモード※1

11axモードを使用しないに設定する場合は、〔OFF〕に変更します。

オートチャネルセレクトモード※1(起動時)

オートチャネルセレクトモード(起動時)を利用する場合は、〔ON〕にします。本機器が起動した際に、空いているチャネルを検出し、電波状態のいいチャネルを自動選択します。
任意に使用するチャネルを選択したい場合は、〔OFF〕に変更してください。

オートチャネルセレクトモード

オートチャネルセレクトモード※1(電波干渉検出時)

オートチャネルセレクトモード(電波干渉検出時)を利用する場合は、〔ON〕にします。本機器の動作中に、電波干渉状態を検出した場合は、電波状態のいいチャネルへ自動で変更します。

オートチャネルセレクトモード

クワッドチャネル機能※1

クワッドチャネル機能を使用する場合は、〔ON〕にします。
通信チャネルを4本束ねて利用し、80MHz幅での通信を行います。
なお、本機能を使用する場合、クワッドチャネルに対応していない子機との通信は20MHzバンドまたは40MHzバンドの通信となります。

クワッドチャネル機能

サーチ帯域

オートチャネルセレクトモードを〔ON〕に設定した場合、オートチャネルによりサーチする周波数帯を選択します。
本機器に無線接続する無線LAN端末(パソコン・ゲーム機など)で対応した周波数帯域に合わせて設定してください。
複数設定することも可能です。

使用チャネル

オートチャネルセレクトモードを〔OFF〕に設定した場合に有効になります。
使用するチャネルを選択します。
複数のアクセスポイントが設置されている環境など電波干渉がある場合には、使用する無線チャネル番号を変更してください。
また、クワッドチャネル機能を利用する場合には、選択可能チャネルは、クワッドチャネルで指定可能なチャネルに変更してください。

ネットワーク分離機能

ネットワーク分離機能を使用する場合は、〔ON〕にします。
「使用する」に設定したネットワーク名(SSID)に接続している無線LAN端末(パソコン・ゲーム機など)には一部制限がかかります。

※一部ゲーム機などで、セキュリティー強度の低いネットワークを使用したりする場合に、強固なセキュリティーを設定したメインのネットワークとは分離されたネットワークを設定することができます。

ネットワーク分離機能

SSID内分離(セパレータ)

SSID内分離(セパレータ)を使用する場合は、〔ON〕にします。
「使用する」に設定したネットワーク名(SSID)に接続している無線LAN端末は、インターネットへの接続のみが許可されます。

本機能を使用する場合は、ネットワーク分離機能を「使用する」に設定する必要があります。
ネットワーク分離機能に加えて、さらにセキュリティーを高めたい場合に使用します。

暗号化

暗号化

暗号化モード

暗号化モードを選択します。
暗号化モードを有効にすると無線LANでの送受信データが暗号化され、第三者に傍受されにくくなります。

WEP<TKIP<AESの順で、暗号化データは解読されにくくなります。暗号化を行わずに無線LAN通信を行うことは、セキュリティー上、大変危険なため、必ず設定していただくことをおすすめします。

プライマリーSSID側では、初期値は「WPA/WPA2-PSK(AES)」が有効になっており、通常はこのままご利用いただくことをおすすめします。

無線LANの暗号化

WPA暗号化キー(PSK)

暗号化モードとしてWPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、WPA2-PSK(TKIP)、WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)、WPA-PSK(AES)を使用する場合の暗号化キー(Pre Shared Key)を入力します。
英数記号(0〜9、a〜z、A〜Z、記号)で8〜63桁、または、16進数(0〜9、a〜f、A〜F)で64桁を入力してください。

ここで設定していただいた暗号化キーを、本機器と通信する無線LAN端末の無線設定の際に入力します。

暗号化キー更新間隔(分)

暗号化キーの更新間隔(分)を入力します。WPAでは、暗号化キーは一定期間ごとに自動的に更新されて、より安全な状態を保ちます。
入力できる値は、0(更新なし),1〜1440分です。

無線LAN端末(子機)の接続制限

無線LAN端末(子機)の接続制限

ESS-IDステルス機能
(SSIDの隠蔽)

無線LAN端末(パソコン・ゲーム機など)から無線LANアクセスポイント(親機)を検索したときに、本機器のネットワーク名(SSID)が見えないようにする場合は、〔ON〕に変更します。

あらかじめ本機器のネットワーク名(SSID)を知っている無線LAN端末以外からの本機器への接続を制限することができますので、悪意のある第三者に本機器を利用される可能性を低くすることができます。

ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)

MACアドレスフィルタリング機能

あらかじめ本機器に登録したMACアドレスを持つ無線LAN端末以外から、本機器への無線LAN接続を制限する場合はチェックをします。
登録されている無線LAN端末以外からの本機器への接続を制限することができますので、悪意のある第三者に本機器を利用される可能性を低くすることができます。
※MACアドレスとは、ネットワーク機器を識別するために割り振られる固有のアドレスです。

なお、MACアドレスフィルタリング機能を使用する場合は、別途「MACアドレスフィルタリング」画面で無線LAN端末のMACアドレスを登録しておく必要があります。

MACアドレスフィルタリング機能

拡張機能

「高度な設定を表示」ボタンをクリックすると、以下の項目が表示されます。

拡張機能

送信出力※1

無線LANの送信出力を選択します。
送信出力を低く設定すると、ほかのネットワークとの電波干渉を回避できることがありますが、無線LAN端末との距離がある場合などは、無線LAN通信が不安定になる場合があります。

無線暗号化強化(PMF)

無線LAN管理フレームの一部を暗号化して通信する機能を設定します。
無線LAN端末(パソコン・ゲーム機など)との接続が不安定な場合は、スイッチを〔OFF〕に設定してください。

※1 プライマリーSSID/セカンダリーSSIDで共通の設定となります。