このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

設定後のスピード測定結果例

NetTuneを使った設定方法でご案内した方法で設定した場合のスピード測定結果例をご紹介します。

測定環境・測定方法

インターネット接続環境

回線 eo光ネット【ホームタイプ】100Mコース
接続方法 パソコンと回線終端装置を直接接続

パソコン

CPU Intel(R) Core Duo T2400 1.82GHz
メモリー 1GB
OS Windows XP
PPPoE接続ソフト 広帯域接続機能(Windows標準機能)

利用したスピード測定サイト

測定方法

以下の設定を使い、各スピード測定サイトで3回ずつ測定し下り速度の平均値を算出しました。

MTU 1454
TCP Windows Size (RWIN) 以下の4パターンで計測
  • 65044
  • 130088
  • 260176
  • 520352
DefaultReceiveWindow
DefaultSendWindow
RWINと同じ値

測定結果

以下の通りの結果となりました。

測定結果グラフ

測定結果について

オプテージ スピードテストサイト、Radish 大阪について

これらのサイトは関西に設置されているので距離が近く、RWIN 65044バイトで十分な速度であったため、RWINをそれ以上に大きくしても速度向上は見られませんでした。

Radish 東京について

RWIN 65044バイト時は距離の影響で40Mbps程度の速度でしたが、RWINを大きくすることにより速度が向上し、RWIN 260176バイト時に関西に設置されたサイトとほぼ同等の80Mbps以上の測定結果となりました。

RBB 大手町、RBB 名古屋について

これらのサイトではRWINの設定による速度の変化がありませんでした。サイト側が大きなRWINでの通信に対応していない場合はRWINを大きくしても効果が出ない場合があると考えられます。