このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

実効速度と距離の関係

インターネットで用いるTCPという通信方式では、送信したデータが受信側で正しく受け取ることができたかどうかを確認してから、次のデータを送信します。
このため、距離が遠く、往復の通信にかかる時間が大きな通信相手では、確認にかかる時間が長くなり、距離が近い通信相手に比べ実効速度が低下します。

実効速度と距離の関係

このように、距離が遠い相手との通信では実効速度が低下します。距離が遠い相手との通信でも実効速度を向上するためには、データを送って正しく送信できたかどうかの確認をするときの、一度に送信するデータのサイズを大きくします。この一度に送信するデータのサイズをRWIN(TCP Receive Window)と呼びます。

MTU/RWINとは