このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Outlook 2016 設定済み内容の確認方法(POP)

ここでは、 「新規設定方法」で作成したOutlook 2016での「設定済み内容の確認方法(POP)」について説明します。
メール送受信時にエラーが表示された場合など、設定の確認が必要な場合にご利用ください。

※画面はWindows 10、Office 2016のバージョン 1903を元にしています。それ以外のバージョンでは、画面が異なる場合があります。

設定済み内容の確認方法

STEP 1

画面左下の〔スタートボタン(〕をクリックします。

画面左下の〔スタートボタン〕をクリックします。

STEP 2

Outlook 2016〕(または〔Outlook〕)をクリックします。

〔Outlook 2016〕(または〔Outlook〕)をクリックします。

STEP 3

メニュータブの〔ファイル〕をクリックします。

メニュータブの〔ファイル〕をクリックします。

STEP 4

「アカウント情報」画面が表示されます。
アカウント設定〕→〔アカウント設定(A)...〕をクリックします。

〔アカウント設定〕→〔アカウント設定(A)...〕をクリックします。

STEP 5

アカウント設定]画面が表示されます。
設定を確認したいメールアカウントを選択し、〔変更(A)...〕をクリックします。

設定を確認したいメールアカウントを選択し、〔変更(A)...〕をクリックします。

STEP 6

POP アカウントの設定]画面が表示されます。
各項目を確認し、〔次へ〕をクリックします。

各項目を確認し、〔次へ〕をクリックします。

自分の名前

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。ニックネームなど自由に入力することができます。

アカウント名

任意の名前

初期状態では、メールアドレスが入力されています。 アカウントを区別するための名前を入力することができます。

返信先アドレス 初期状態では空欄です。
送信したメールが返信されるときに、差出人(送信元)とは違うメールアドレスに返信してほしい場合に、任意で入力します。
組織 初期状態では空欄です。
任意で会社名を入力します。
サーバーにメッセージのコピーを残す

チェックを外します。

このチェックを入れておくと、サーバーにメッセージのコピーを残します。
eoWEBメールを利用する場合や、別のパソコンでも同じメールを受信したい場合はチェックを入れてください。
ただし、メッセージのコピーがサーバーに大量に残りますと、新しいメッセージを受信できなくなることがありますのでご注意ください。

「POPとIMAPのアカウント設定」画面が表示された場合

旧バージョンをご参照ください。

Outlook 2016(旧バージョン) 設定済み内容の確認方法(POP)

STEP 7

「アカウントが正常に更新されました」と表示されます。
完了〕をクリックします。

〔完了〕をクリックします。

STEP 8

アカウント設定]画面に戻ります。
閉じる〕をクリックします。

〔閉じる〕をクリックします。

STEP 9

メイン画面が表示されます。
メニュータブの〔ファイル〕をクリックします。

メニュータブの〔ファイル〕をクリックします。

STEP 10

アカウント情報]画面が表示されます。
アカウント設定〕→〔サーバーの設定〕をクリックします。

〔アカウント設定〕→〔サーバーの設定〕をクリックします。

STEP 11

POP アカウントの設定]画面が表示されます。
各項目を確認し、〔送信メール〕をクリックします。

各項目を確認し、〔送信メール〕をクリックします。

ユーザー名 お客さまの「メールアドレス※半角入力
パスワード お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)※半角入力
パスワードを保存する 初期状態ではチェックが入っています。
チェックを外した場合は、送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。
サーバー pops.eonet.ne.jp※半角入力
ポート 995※半角入力
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックを入れます。
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 初期状態ではチェックが外れています。

STEP 12

各項目を確認し、〔次へ〕をクリックします。

各項目を確認し、〔次へ〕をクリックします。

サーバー smtps.eonet.ne.jp※半角入力
ポート 465※半角入力
暗号化方法 SSL/TLS
サーバーのタイムアウト 初期状態では、「1分」に設定されています。
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 初期状態ではチェックが外れています。
送信(SMTP)サーバーには認証が必要です 初期状態ではチェックが入っています。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する 初期状態ではチェックが入っています。
ユーザー名とパスワードを使用してログオン 初期状態ではチェックが外れています。
メールを送信する前に受信メールサーバーにログオンする 初期状態ではチェックが外れています。

STEP 13

「アカウントが正常に更新されました」と表示されます。
完了〕をクリックします。

〔完了〕をクリックします。

STEP 14

アカウント情報]画面に戻ります。
画面左上の〔〕をクリックします。

画面左上の〔←〕をクリックします。

STEP 15

メイン画面が表示されます。

メイン画面が表示されます。

これで、Outlook 2016設定済み内容の確認方法は完了です。