このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Outlook 2010 設定済み内容の確認方法(POP)

ここでは、「新規設定方法」で作成したメールアカウントの設定確認方法について説明します。
メール送受信時にエラーが表示された場合など、設定を確認する必要がある場合などにご利用ください。

設定済み内容の確認方法

STEP 1

スタート〕→〔Microsoft Outlook 2010〕をクリックして、Outlook 2010を起動します。

〔スタート〕→〔Microsoft Outlook 2010〕をクリックして、Outlook 2010を起動します。

[Microsoft Outlook 2010]が見当たらない場合は〔スタート〕をクリックし、〔すべてのプログラム〕→〔Microsoft Office〕→〔Microsoft Office Outlook 2010〕をクリックします。

STEP 2

メニューバーの〔ファイル〕から〔アカウント設定〕→〔アカウント設定(A)〕をクリックします。

メニューバーの〔ファイル〕から〔アカウント設定〕→〔アカウント設定(A)〕をクリックします。

STEP 3

[アカウント設定]の画面が表示されますので、〔電子メール〕のタブをクリックします。

[アカウント設定]の画面が表示されますので、〔電子メール〕のタブをクリックします。

STEP 4

設定を確認したいアカウントをクリックして選択し、〔変更(A)...〕をクリックします。

設定を確認したいアカウントをクリックして選択し、〔変更(A)...〕をクリックします。

STEP 5

[インターネット電子メール設定]の画面が表示されますので、各項目を確認します。

確認が終わりましたら〔詳細設定(M)...〕をクリックします。

[インターネット電子メール設定]の画面が表示されますので、各項目を確認します。

名前(Y)

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。ニックネームなど自由に入力することができます。

電子メールアドレス(E) お客さまの「メールアドレス※半角入力
アカウントの種類(A) POP3」と表示されていることを確認します。
受信メール サーバー(I) pops.eonet.ne.jp※半角入力
送信メール サーバー(SMTP)(O) smtps.eonet.ne.jp※半角入力
アカウント名(U) お客さまの「メールアドレス※半角入力
パスワード(P) お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)※半角入力
パスワードを保存する(R)

通常はチェックを入れます。

ここにチェックが入っていない場合、送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。

[次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定をテストする(S) チェックを入れます。

STEP 6

全般〕のタブが選択されていることを確認します。
各項目を確認します。

〔全般〕のタブが選択されていることを確認します。

メールアカウント

任意の名前」(例:「eouser@iris.eonet.ne.jp 」)

確認しているメールアカウントの設定名です。
ここに入力した名前がアカウントの項目に表示されます。

組織 (O)

任意で入力します。

空欄のままでも問題ありません。

返信電子メール(R)

[インターネット電子メール設定]の画面で設定した[電子メール アドレス(E)]とは別のメールアドレスで、返信されたメールを受信したい場合に任意で入力します。

空欄のままでも問題ありません。

STEP 7

送信サーバー〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

〔送信サーバー〕のタブをクリックします。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)

チェックが入っていることを確認します。

この項目にチェックが入っていることにより、〔受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)〕の設定が可能になります。

受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U) チェックが入っていることを確認します。

STEP 8

接続〕タブをクリックし、〔ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する(L)〕にチェックを入れます。

〔接続〕のタブをクリックします。

STEP 9

詳細設定〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

確認が終わりましたら〔OK〕をクリックします。

〔詳細設定〕のタブをクリックします。

受信サーバー(POP3)(I)

995

初期状態では[110]になっています。

このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E) チェックを入れます。
送信サーバー(SMTP)(O)

465

初期状態では[25]になっています。

使用する暗号化接続の種類(C) プルダウンメニューから〔SSL〕をクリックして選択します。
サーバーにメッセージのコピーを置く(L)

チェックを外します。

このチェックを入れておくと、サーバーにメッセージのコピーを残します。 別のパソコンでも同じメールを受信したいときなどにチェックを入れます。
ただし、メッセージのコピーがサーバーに大量に残りますと、新しいメッセージを受信できなくなることがありますのでご注意ください。

STEP 10

[インターネット電子メール設定]の画面に戻りますので、〔次へ(N)>〕をクリックします。

[インターネット電子メール設定]の画面に戻りますので、〔次へ(N)>〕をクリックします。

STEP 11

「テスト アカウント設定」画面が表示されますので、〔閉じる(C)〕をクリックします。

STEP5で、「[次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定をテストする(S)」にチェックを入れていない場合は表示されません。

「テスト アカウント設定」画面が表示されますので、〔閉じる(C)〕をクリックします。

STEP 12

完了〕をクリックし、[セットアップの完了]の画面を閉じます。

〔完了〕をクリックし、[セットアップの完了]の画面を閉じます。

STEP 13

閉じる(C)〕をクリックし、[電子メール アカウント]の画面を閉じます。

〔閉じる(C)〕をクリックし、[電子メール アカウント]の画面を閉じます。

これでOutlook 2010のアカウント設定確認方法は終了です。