このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Mail 8.x (Mac OS X 10.10) 設定済み内容の確認方法

ここでは、「Mail 8.x (Mac OS X 10.10)」での「メールアカウント設定確認方法(POP)」について説明します。

メール送受信時にエラーが表示された場合など、設定の確認が必要な場合にご利用ください。

※画面はMail 8.1を元にしています。

設定済み内容の確認方法

STEP 1

デスクトップ画面上の〔Dock〕の中にある〔メール〕のアイコンをクリックして、Mail 8.xを起動します。

デスクトップ画面上の〔Dock〕の中にある〔メール〕のアイコンをクリックして、Mail 8.xを起動します。

デスクトップ画面上に〔Dock〕がない場合や〔メール〕のアイコンがない場合は、Finderのメニューバーの〔移動〕をクリックし、メニュー項目の中の〔アプリケーション〕をクリックします。[アプリケーション]の画面が表示されますので、その中にある〔メール〕のアイコンをダブルクリックします。

STEP 2

メニューバーの〔メール〕→〔環境設定...〕をクリックします。

メニューバーの〔メール〕→〔環境設定...〕をクリックします。

STEP 3

アカウント〕をクリックし、アカウント一覧の中から設定を確認したいアカウントを選択します。
アカウント情報〕タブが表示されますので、各項目を確認します。
確認が終わりましたら〔送信用メールサーバー(SMTP)〕の上下矢印をクリックします。

〔アカウント〕をクリックし、アカウント一覧の中から設定を確認したいアカウントを選択します。

このアカウントを使用 チェックを入れます。
アカウントの種類 POP」と表示されていることを確認します。
説明

任意の名前

確認しているメールアカウントの設定名です。
ここに入力した名前がアカウントの項目に表示されます。

メールアドレス お客さまの「メールアドレス」 ※半角入力
氏名

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。ニックネームなど自由に入力することができます。

受信用メールサーバ pop.eonet.ne.jp」 ※半角入力
ユーザ名 お客さまの「メールアドレス」 ※半角入力
パスワード

お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)」 ※半角入力

登録証に記載されています。
(メールパスワードを変更している場合は、変更したメールパスワードを入力します)

STEP 4

プルダウンメニューから〔SMTPサーバーリストを編集〕を選択します。

プルダウンメニューから〔SMTPサーバーリストを編集〕を選択します。

STEP 5

アカウント情報〕タブを選択し、各項目を確認します。

〔アカウント情報〕のタブをクリックして選択し、各項目を確認します。

説明

任意で入力します。

空欄のままでも問題ありません。

サーバ名 smtpauth.eonet.ne.jp※半角入力
TLS証明書 初期状態では「なし」が選択されています。

STEP 6

詳細〕タブを選択し、各項目を確認します。
確認が終わりましたら〔OK〕をクリックします。

〔詳細〕のタブをクリックして選択し、各項目を確認します。 
確認が終わりましたら〔OK〕をクリックします。

アカウント設定を自動的に検出して管理 チェックを外します。
ポート 587」 ※半角入力
SSLを使用 チェックを外します。
認証 プルダウンメニューから〔MD5 チャレンジ応答〕を選択します。
セキュリティ保護されていない認証を許可 チェックを外します。
※ Mail 8.0ではこの項目は表示されません。
ユーザ名 お客さまの「メールアドレス」 ※半角入力
パスワード

お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)」 ※半角入力

登録証に記載されています。
(メールパスワードを変更している場合は、変更したメールパスワードを入力します)

STEP 7

メールボックスの特性〕のタブをクリックします。
画面は初期状態です。通常、設定を変更する必要はありません。

〔メールボックスの特性〕のタブをクリックします。

STEP 8

詳細〕タブをクリックし、各項目を入力・選択します。

〔詳細〕タブをクリックし、各項目を入力・選択します。

アカウント設定を自動的に検出して管理 チェックを外します。
新規メッセージを自動的に受信するときに含める 通常はチェックを入れます。
メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから取り除く

任意で入力します。

このチェックを入れておくと、受信されたメッセージのコピーはサーバーから取り除かれます。
別のパソコンでも同じメッセージを受信したいときなどはチェックを外し、メッセージのコピーがサーバーに残るように指定します。メッセージのコピーがサーバーに大量に残りますと、新しいメッセージを受信できなくなることがありますのでご注意ください。

メッセージのサイズが○KBを超えるときに警告

任意で入力します。

空欄のままでも問題ありません。

ポート 110※半角入力
SSLを使用 チェックを外します。
認証 プルダウンメニューから〔パスワード〕を選択します。
セキュリティ保護されていない認証を許可 チェックを入れます。

STEP 9

画面左上の〔クローズボックス〕をクリックし、Mailの環境設定の画面を閉じます。
変更を行った場合は、変更内容を保存するか確認のメッセージが表示されますので、〔保存〕をクリックします。

画面左上の〔クローズボックス〕をクリックし、Mailの環境設定の画面を閉じます。

これでMail 8.x (Mac OS X 10.10)のアカウント設定確認方法は終了です。