このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Windows メール 新規設定方法(IMAP)

ここでは、「Windows メール」での「新規設定方法(IMAP)」について説明します。

新規設定方法

STEP 1

スタート( )〕→〔Windows メール〕をクリックして、Windows メールを起動します。

〔スタート〕→〔Windows メール〕をクリックして、Windows メールを起動します。

Windows メール〕が見当たらない場合は、〔スタート〕をクリックし、〔すべてのプログラム〕→〔Windows メール〕をクリックします。

STEP 2

メニューバーの〔ツール(T)〕→〔アカウント(A)...〕をクリックします。

メニューバーの〔ツール(T)〕→〔アカウント(A)...〕をクリックします。

STEP 3

インターネット アカウント]画面が表示されますので、〔追加(A)...〕をクリックします。

[インターネット アカウント]画面が表示されますので、〔追加(A)...〕をクリックします。

STEP 4

アカウントの種類の選択]画面が表示されます。
電子メール アカウント〕をクリックして選択し、〔次へ(N)〕をクリックします。

[アカウントの種類の選択]画面が表示されます。
〔電子メール アカウント〕をクリックして選択し、〔次へ(N)〕をクリックします。

STEP 5

名前]画面が表示されますので、項目を入力します。
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

[名前]画面が表示されますので、項目を入力します。 
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

表示名(D)

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。 ニックネームなど自由に入力することができます。

STEP 6

インターネット電子メール アドレス]画面が表示されますので、項目を入力します。
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

[インターネット電子メール アドレス]画面が表示されますので、項目を入力します。
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

電子メール アドレス(E) お客さまの「メールアドレス※半角入力

STEP 7

電子メール サーバーのセットアップ]画面が表示されますので、各項目を入力します。
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

[電子メール サーバーのセットアップ]画面が表示されますので、各項目を入力します。
入力が終わりましたら、〔次へ(N)〕をクリックします。

受信メールサーバーの種類(S)

IMAP

プルダウンメニューから選択します。

受信メール(POP3 または IMAP)サーバー(I) imap.eonet.ne.jp※半角入力
送信メール(SMTP)サーバー名(V) smtpauth.eonet.ne.jp※半角入力
送信サーバーは認証が必要(V) チェックを入れます。

STEP 8

インターネット メール ログオン]画面が表示されますので、各項目を入力します。

[インターネット メール ログオン]画面が表示されますので、各項目を入力します。

ユーザー名(A) お客さまの「メールアドレス※半角入力
パスワード(P)

お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)※半角入力

登録証に記載されています。
(メールパスワードを変更している場合は、変更したメールパスワードを入力します)

パスワードを保存する(W)

通常はチェックを入れます。

ここにチェックが入っていない場合、送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。

STEP 9

設定完了]画面が表示されますので、 〔今は電子メールとフォルダをダウンロードしない〕にチェックを入れ、〔完了(F)〕をクリックします。

[設定完了]画面が表示されますので、 〔今は電子メールとフォルダをダウンロードしない〕にチェックを入れ、〔完了(F)〕をクリックします。

STEP 10

インターネット アカウント]画面に戻ります。
メールアカウント名〕をクリックして選択し、〔プロパティ(P)〕をクリックします。

[インターネット アカウント]画面に戻ります。
〔メールアカウント名〕をクリックして選択し、〔プロパティ(P)〕をクリックします。

STEP 11

プロパティ]画面が表示されます。
サーバー〕タブを選択し、 〔設定(E)〕をクリックします。

[プロパティ]画面が表示されます。
〔サーバー〕タブを選択し、 〔設定(E)〕をクリックします。

STEP 12

送信メールサーバー]画面が表示されます。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)〕が選択されていることを確認し、 〔OK〕をクリックします。

[送信メールサーバー]画面が表示されます。
〔受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)〕が選択されていることを確認し、 〔OK〕をクリックします。

STEP 13

接続〕タブをクリックし、〔このアカウントには次の接続を使用する(U)〕にチェックを入れます。
プルダウンメニューから以下の通りに選択します。

〔接続〕タブをクリックし、〔このアカウントには次の接続を使用する(U)〕にチェックを入れます。
プルダウンメニューから以下の通りに選択します。

このアカウントには次の接続を使用する(U)

チェックを入れ、ご利用の環境に合わせていずれかの項目を選択します。

【選択する接続設定名】

ローカルエリアネットワーク(LAN)

  • ブロードバンドルーターを利用する場合
  • eo光ネット【マンションタイプ】(プライベートプラン)を利用する場合

K-OPT

  • ブロードバンドルーターを利用しない場合

STEP 14

詳細設定〕タブをクリックして、項目を入力します。

〔詳細設定〕タブをクリックして、項目を入力します。

送信メール(SMTP)(O)

587※半角入力

初期状態では「25」になっています。

メールアカウントの設定はこれで完了です。
ここで設定を完了する場合は、〔OK〕をクリックして画面を閉じます。

一覧に表示されるフォルダーの表示・非表示を切り替える場合は、引き続き以降の手順を行ってください。
(IMAPではeoのメールサーバーの仕様上、不要なフォルダーも一覧に表示されます。)

ご確認ください

以下のフォルダーが表示されていない場合は、以降の手順で表示する必要があります。

  • 「受信トレイ」
  • 「Sent」
  • 「Trash」
  • 「Drafts」
  • 「Junk」

フォルダーの表示設定方法

STEP 1

IMAP〕タブをクリックします。
各項目にチェックが入っていることを確認し、〔特別なフォルダ〕のパスを入力します。
OK〕をクリックします。

※「特別なフォルダ」内の各パスは、メールアカウント新規作成時に設定する必要があります。
メールアカウント作成後にパスを変更しても、eoWEBメール / eoメールサーバーとの同期を行うことができません。

〔IMAP〕のタブをクリックし、 各項目にチェックが入っていることを確認し、〔OK〕をクリックします。

フォルダ

ルートフォルダのパス(F) 空白」であることを確認します。
変更する必要はありません。
すべてのフォルダで新着メッセージを確認する(C) チェックが入っていることを確認します。

特別なフォルダ

特別なフォルダをIMAPサーバーに保存する(S) チェックが入っていることを確認します。
送信済みアイテムのパス(E)

Sent

初期状態では「送信済みアイテム」になっています。

下書きのパス(D)

Drafts

初期状態では「下書き」になっています。

ごみ箱のパス(L)

Trash

初期状態では「ごみ箱」になっています。

迷惑メールのパス(J)

Junk

初期状態では「迷惑メール」になっています。

※「特別なフォルダ」内の各パスの頭文字は大文字になっていますので、ご注意ください。

STEP 2

閉じる〕をクリックし、[インターネット アカウント]画面を閉じます。

〔閉じる〕をクリックし、[インターネット アカウント]画面を閉じます。

STEP 3

追加されたメールサーバーからフォルダをダウンロードしますか?]と画面に表示されますので、 〔はい(Y)〕をクリックします。

[追加されたメールサーバーからフォルダをダウンロードしますか?]と画面に表示されますので、〔はい(Y)〕をクリックします。

STEP 4

フォルダーのダウンロード画面が表示されますので、しばらくお待ちください。

フォルダーのダウンロード画面が表示されますので、しばらくお待ちください。

STEP 5

IMAP フォルダの表示/非表示]画面にフォルダーの一覧が表示されます。
一覧から、表示または、非表示にしたいフォルダーを選択し、それぞれ〔表示(S)〕〔表示しない(H)〕をクリックします。

※表示状態のフォルダーには、フォルダー名の横にアイコンが付きます。

[IMAP フォルダの表示/非表示]画面にフォルダーの一覧が表示されます。
一覧から、表示または、非表示にしたいフォルダーを選択し、それぞれ〔表示(S)〕〔表示しない(H)〕をクリックします。

下記のフォルダーが表示状態になっている場合は、使用しないフォルダーですので非表示に変更してください。

  • Chats
  • Comments
  • Contacts
  • Emailed Contacts

また、eoWEBメール上でフォルダーを作成している場合は、必要に応じてそのフォルダーを表示する設定に変更してください。

STEP 6

表示 / 非表示の変更が完了すれば、〔OK〕をクリックします。

表示 / 非表示の変更が完了すれば、〔OK〕をクリックします。

STEP 7

メイン画面が表示され、先ほど設定したフォルダーが表示されます。

メイン画面が表示され、先ほど設定したフォルダーが表示されます。

IMAPによるメールの同期について

IMAPでメールの設定を行った場合の利点として、メールソフト内のフォルダーとeoWEBメール/eoメールサーバー内のフォルダーが同期されます。
そのため、例えばメールソフト側や他のパソコン、スマートフォンからメールを削除したり、特定のメールを違うフォルダーに移動した場合、eoWEBメールやIMAPで設定したすべてのメールソフトへ同様の状態が反映されます。
ただし、ご利用のメールソフトによっては、メールソフト側の仕様により、一部の情報の同期が取れず、いずれか一方のみに表示されるフォルダーがあったり、同じ内容のフォルダーでも名称が英語表記となってしまい、フォルダー名称を変更できません。
これはメールソフトの仕様となりますので、ご了承ください。

以下は、「Windows メール」側とeoWEBメール側のそれぞれに表示されるフォルダーの対照表です。

※フォルダーの対照表の記載は、本手順でメールの新規作成をおこなっていることが前提です。

メールソフト側の
フォルダー名
フォルダーの説明 eoWEBメール側の
フォルダー名
受信トレイ 受信したメールが保存される基本のフォルダーです。 受信箱
Sent 送信済みのメールが保存されます。 送信済み
Trash 削除したメールがこちらに移動します。 ゴミ箱
(保存期間60日)
Drafts メールの下書きが保存されます。 下書き
Junk 迷惑メール用のフォルダーです。 迷惑メール
(保存期間60日)

これでWindows メールの新規設定方法(IMAP)は完了です。