このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Windows メール アドレス帳のエクスポート方法

ここでは、「Windows メール」での「アドレス帳のエクスポート方法」について説明します。

アドレス帳のエクスポート方法

STEP 1

スタート( )〕→〔Windows メール〕をクリックして、Windows メールを起動します。

〔スタート〕→〔Windows メール〕をクリックして、Windows メールを起動します。

STEP 2

メニューバーの〔ツール(T)〕をクリックします。

メニューバーの〔ツール(T)〕をクリックします。

STEP 3

Windows アドレス帳(C)...〕をクリックします。

〔Windows アドレス帳(C)...〕をクリックします。

STEP 4

別画面が表示されます。
メニューバーの〔エクスポート〕をクリックします。

別画面が表示されます。メニューバーの〔エクスポート〕をクリックします。

STEP 5

Windows アドレス帳のエクスポート]画面が表示されます。
CSV(カンマ区切り)〕 を選択し、〔エクスポート(E)〕をクリックします。

[Windows アドレス帳のエクスポート]画面が表示されます。
〔CVS(カンマ区切り)〕 を選択し、〔エクスポート(E)〕をクリックします。

STEP 6

ファイルの保存先を入力します。
参照〕をクリックします。

※ここでは例として、デスクトップへ保存する方法について説明します。

ファイルの保存先を入力します。〔参照〕をクリックします。

STEP 7

デスクトップ〕をクリックします。
ファイル名(N):]に「任意のファイル名」を入力します。
(ここでは例として、「連絡先」と入力しています)
保存(S)〕をクリックします。

〔非同期フォルダー〕を選択し、〔OK〕をクリックします。

STEP 8

元の画面に戻りましたら〔次へ(N)〕をクリックします。

元の画面に戻りましたら〔次へ(N)〕をクリックします。

STEP 9

エクスポートしたいフィールドを選択します。
完了〕をクリックします。

エクスポートしたいフィールドを選択します。

〕〔〕にチェックを入れていないと、インポート時に姓名が逆になります。

「名」「姓」にチェックを入れていない例

エクスポートするアドレス帳の姓名
井尾 ○郎

インポート時に反映される姓名
○郎 井尾

STEP 10

OK〕をクリックします。

〔OK〕をクリックします。

STEP 11

指定の場所にエクスポートされたファイルが保存されていることを確認します。

※アイコンの表示は利用環境によって異なります。

指定の場所にエクスポートされたファイルが保存されていることを確認します。

これでWindows メールのアドレス帳のエクスポート方法は完了です。