このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。

Outlook 2013 メールデータを保存する方法

ここでは、「Outlook 2013」をIMAPで設定している場合の「メールデータを保存する方法」について説明します。

以下の手順では、保存しておきたいメールのフォルダーを、メールサーバーと同期しない「Outlookデータファイル」フォルダーとしてエクスポートする手順をご説明しています。
既に「Outlookデータファイル」フォルダーを作成している場合は、そのフォルダーにメールのコピーを移動するだけでメールデータを保存できます。

※画面はWindows 8.1を元にしています。

ご確認ください

メールをIMAPで設定した場合、メールソフトとメールサーバーの内容が同期します。
そのため、基本的にはメールサーバーにメールを残しておく必要があります。

しかし、メールサーバーと同期しないフォルダーをメールソフト側に作成し、必要なメールのコピーをそのフォルダーに移動することで、メールサーバーからメールを削除しても、メールソフト側では残しておくことができます。

メールデータを保存する方法

STEP1

マウスカーソルを画面下部に移動させ〔 〕を押します。

マウスカーソルを画面下部に移動させ〔 ↓ 〕を押します。

STEP2

Outlook 2013〕をクリックして起動します。

〔Outlook 2013〕をクリックして起動します。

STEP3

Outlook 2013〕の画面が表示されます。
左側のフォルダー一覧に〔Outlookデータファイル〕フォルダーがあるかを確認して、以降の手順をお選びください。

左側のフォルダー一覧に〔Outlookデータファイル〕フォルダーがあるかを確認して、以降の手順をお選びください。

メールの保存方法(「Outlookデータファイル」がない場合)

STEP4/22

アカウント名を右クリックし〔フォルダーの作成(N)...〕を押します。

アカウント名を右クリックし〔フォルダーの作成(N)...〕を押します。

STEP5/22

任意のフォルダー名を入力します。
※ここでは例として、「残したいメール」と入力しています。

任意のフォルダー名を入力します。

STEP6/22

保存したい任意のメールを、右クリックします。
表示されたメニューから〔移動(M)〕→〔フォルダーへコピー(C)...〕を押します。

保存したい任意のメールを、右クリックします。
表示されたメニューから〔移動(M)〕→〔フォルダーへコピー(C)...〕を押します。

拡大画像1

拡大画像

拡大画像2

拡大画像

STEP7/22

残したいメール〕フォルダーを選択し、〔OK〕を押します。

〔残したいメール〕フォルダーを選択し、〔OK〕を押します。

STEP8/22

残したいメール〕フォルダーを押し、選択したメールが実際にコピーされているか確認します。

〔残したいメール〕フォルダーを押し、選択したメールが実際にコピーされているか確認します。

STEP9/22

ファイル〕を押します。

〔ファイル〕を押します。

STEP10/22

開く/エクスポート〕を選択し、〔インポート/エクスポート〕を押します。

〔開く/エクスポート〕を選択し、〔インポート/エクスポート〕を押します。

STEP11/22

インポート/エクスポート ウィザード〕画面が開きます。
ファイルにエクスポート〕を選択し、〔次へ(N)〕を押します。

[インポート/エクスポート ウィザード]画面が開きます。
〔ファイルにエクスポート〕を選択し、〔次へ(N)〕を押します。

STEP12/22

Outlook データファイル(.pst)〕を選択し、〔次へ(N)〕を押します。

〔Outlook データファイル(.pst)〕を選択し、〔次へ(N)〕を押します。

STEP13/22

残したいメール〕フォルダーを選択し、〔次へ(N)〕を押します。

〔残したいメール〕フォルダーを選択し、〔次へ(N)〕を押します。

STEP14/22

参照(R)...〕を押します。

〔参照(R)〕を押します。

STEP15/22

任意のファイル名を入力し、〔OK〕を押します。

※ここでは例として、「残したいメール」と入力しています。

任意のファイル名を入力し、〔OK〕を押します。

STEP16/22

完了〕を押します。

※オプションは〔重複した場合、エクスポートするアイテムと置き換える(E)〕から変更する必要はありません。

〔完了〕を押します。

STEP17/22

OK〕を押します。

※パスワードは任意で入力してください。

〔OK〕を押します。

STEP18/22

元の画面に戻りますので、〔ファイル〕を押します。

元の画面に戻りますので、〔ファイル〕を押します。

STEP19/22

開く/エクスポート〕を選択し、〔Outlookデータファイルを開く〕を押します。

〔開く/エクスポート〕を選択し、〔Outlookデータファイルを開く〕を押します。

STEP20/22

先ほど作成したファイル〕を選択し、〔OK〕を押します。
※ここでは〔残したいメール.pst〕が作成されています。

〔先ほど作成したファイル〕を選択し、〔OK〕を押します。

STEP21/22

画面左下に〔Outlookデータファイル〕というフォルダーが作成されます。
Outlookデータファイル〕の左の〔〕を押します

画面左下に〔Outlookデータファイル〕というフォルダーが作成されます。

STEP22/22

展開したフォルダーの中に、作成した保存用フォルダーが含まれているか確認します。
これでOutlook 2013のメールデータを保存する方法は完了です。

今後新たにメールデータを保存する場合は、「メールの保存方法(「Outlookデータファイル」がある場合)」をご覧ください。

展開したフォルダーの中に、作成した保存用フォルダーが含まれているか確認します。

メールの保存方法(「Outlookデータファイル」がある場合)

STEP4/6

保存したい任意のメールを、右クリックします。
表示されたメニューから〔移動(M)〕→〔フォルダーへコピー(C)...〕を押します。

保存したい任意のメールを、右クリックします。
表示されたメニューから〔移動(M)〕→〔フォルダーへコピー(C)...〕を押します。

拡大画像1

拡大画像

拡大画像2

拡大画像

STEP5/6

Outlookデータファイル〕内にある保存先のフォルダーを選択し、〔OK〕を押します。
※ここでは例として、「残したいメール」フォルダーを選択しています。

〔Outlookデータファイル〕内にある保存先のフォルダーを選択し、〔OK〕を押します。

STEP6/6

残したいメール〕フォルダーを押し、選択したメールが実際にコピーされているか確認します。

〔残したいメール〕フォルダーを押し、選択したメールが実際にコピーされているか確認します。

メールをコピーせずに移動したい場合

保存先のフォルダーへメールをドラッグアンドドロップして移動させることも可能です。

これでOutlook 2013のメールデータを保存する方法は完了です。