このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Outlook 2007 新規設定方法(IMAP)

ここでは、「Outlook 2007」での「新規設定方法(IMAP)」について説明します。

※Outlook ではメールアカウントを削除しても、受信トレイが各メールアカウントで共通のため、これまでに受信したメールは受信トレイ上で閲覧できます。

新規設定方法

STEP 1

スタート() 〕→ 〔Microsoft Office Outlook〕をクリックして、Outlook 2007を起動します。

〔スタート〕→ 〔Microsoft Outlook 2007〕をクリックして、〔Outlook 2007〕を起動します。

「Microsoft Office Outlook」が見当たらない場合

スタート〕をクリック、〔すべてのプログラム〕→〔Microsoft Office〕→〔Microsoft Office Outlook 2007〕をクリックします。

STEP 2

メニューバーの〔ツール(T)〕から〔アカウント設定(A)...〕をクリックします。

メニューバーの〔ツール(T)〕から〔アカウント設定(A)...〕をクリックします。

Microsoft Outlook 2007 スタートアップ の画面が表示された場合

1. 〔次へ(N) >〕をクリックします。

〔次へ(N) >〕をクリックします。

2. 〔はい(Y)〕にチェックを入れ、〔次へ(N) >〕をクリックします。
続けて元のページのSTEP3へ進みます。

〔はい(Y)〕にチェックを入れ、〔次へ(N) >〕をクリックします。

STEP 3

電子メール アカウント]画面が表示されますので〔新規(N)...〕をクリックします。
※この画面が表示されない場合は、次の手順へ進みます。

[電子メール アカウント]画面が表示されますので〔新規(N)...〕をクリックします。

以下の画面が表示された場合は〔Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP(M)〕にチェックを入れて、〔次へ(N) >〕をクリックします。

[電子メール アカウント]画面が表示されますので〔新規(N)...〕をクリックします。

STEP 4

自動アカウント セットアップ]画面が表示されますので、〔サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する(M)〕にチェックを入れて、〔次へ(N) >〕をクリックします。

[自動アカウント セットアップ]画面が表示されますので、〔サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する(M)〕にチェックを入れて、〔次へ(N) >〕をクリックします。

STEP 5

インターネット電子メール(I)〕にチェックを入れて、〔次へ(N) >〕をクリックします。

〔インターネット電子メール(I)〕にチェックを入れて、〔次へ(N) >〕をクリックします。

STEP 6

各項目を入力し、〔詳細設定(M)...〕をクリックします。

各項目を入力し、〔詳細設定(M)...〕をクリックします。

名前(Y)

お客さまの「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。 ニックネームなど自由に入力することができます。

電子メールアドレス(E) お客さまの「メールアドレス※半角入力
アカウントの種類(A) プルダウンメニューから「IMAP」を選択します。
受信メール サーバー(I) imaps.eonet.ne.jp※半角入力
送信メール サーバー(SMTP)(O) smtps.eonet.ne.jp※半角入力
アカウント名(U) お客さまの「メールアドレス※半角入力
パスワード(P)

お客さまの「メールパスワード(またはPOPパスワード)※半角入力

登録証に記載されています。
(メールパスワードを変更している場合は、変更したメールパスワードを入力します)

パスワードを保存する(R)

通常はチェックを入れます。

ここにチェックが入っていない場合、送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。

STEP 7

インターネット電子メール設定]画面が表示されますので、〔送信サーバー〕タブをクリックし、各項目にチェックを入れます。

[インターネット電子メール設定]画面が表示されますので、〔送信サーバー〕タブをクリックし、各項目にチェックを入れます。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O) チェックを入れます。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U) チェックを入れます。

STEP 8

接続〕タブをクリックし、〔ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する(L)〕にチェックを入れます。

〔接続〕タブをクリックし、ご利用の環境に合わせていずれかの項目にチェックを入れます。

STEP 9

詳細設定〕タブをクリックし、項目を入力します。
入力が終わりましたら〔OK〕をクリックします。

〔詳細設定〕タブをクリックし、項目を入力します。入力が終わりましたら〔OK〕をクリックします。

受信サーバー(IMAP)(I)

993※半角入力

初期状態では「143」になっています。

使用する暗号化接続の種類(E) プルダウンメニューから「SSL」をクリックして選択します。

STEP 10

使用する暗号化接続の種類(C)〕のプルダウンメニューから〔SSL〕を選択し、〔送信サーバー(SMTP)(O)〕に〔465〕と入力します。
「OK」をクリックします。
※〔使用する暗号化接続の種類(C)〕の項目を変更すると、〔送信サーバー(SMTP)(O)〕の欄が自動的に〔25〕に書き換わります。そのため、必ず先に〔使用する暗号化接続の種類(C)〕を選択してください。

〔使用する暗号化接続の種類(C)〕のプルダウンメニューから〔SSL〕を選択し、〔送信サーバー(SMTP)(O)〕に〔465〕と入力します。「OK」をクリックします。

使用する暗号化接続の種類(C) プルダウンメニューから「SSL」をクリックして選択します。
送信サーバー(SMTP)(O)

465※半角入力

初期状態では「25」になっています。

STEP 11

インターネット電子メール設定]画面に戻ります。
アカウント設定のテスト(T)〕をクリックします。

[インターネット電子メール設定]画面に戻ります。
〔アカウント設定のテスト(T)〕をクリックします。

STEP 12

アカウント設定のテストがおこなわれ、IMAPフォルダーが同期されます。
テスト完了後〔閉じる〕をクリックします。

アカウント設定のテストがおこなわれ、IMAPフォルダーが同期されます。
テスト完了後〔閉じる〕をクリックします。

メールアカウントの設定はこれで完了です。

ここで設定を完了する場合は、[インターネット電子メール設定]画面で〔次へ(N)>〕をクリックします。
セットアップの完了]画面で〔完了〕をクリックして画面を閉じます。

一覧に表示されるフォルダーの表示・非表示を切り替える場合は、引き続き以降の手順を行ってください。
(IMAPではeoのメールサーバーの仕様上、不要なフォルダーも一覧に表示されます。)

ご確認ください

以下のフォルダーが表示されていない場合は、以降の手順で表示する必要があります。

  • 「受信トレイ」
  • 「Sent」
  • 「Trash」
  • 「Drafts」
  • 「Junk」
  • 「検索フォルダー」
  • 「迷惑フォルダー」

フォルダーの表示設定方法

STEP 1

メニューバーの[ツール(T)]から[アカウント設定(A)...]をクリックします。

メニューバーの[ツール(T)]から[アカウント設定(A)...]をクリックします。

STEP 2

電子メール アカウント]画面が表示されますので、[電子メール]タブをクリックします。

[電子メール アカウント]画面が表示されますので、[電子メール]タブをクリックします。

STEP 3

設定を確認したいアカウントを選択し、[変更(A)...]をクリックします。

設定を確認したいアカウントを選択し、[変更(A)...]をクリックします。

STEP 4

電子メールアカウントの変更]画面が表示されますので、[詳細設定(M)...]をクリックします。

[電子メールアカウントの変更]画面が表示されますので、[詳細設定(M)...]をクリックします。

STEP 5

インターネット電子メール設定]画面が表示されますので、〔フォルダ〕タブをクリックします。
このアカウントで送信したアイテムの保存先として、既存のフォルダを選択するか、新しいフォルダを作成する(C)〕にチェックを入れます。
作成したメールアカウントの左にある〔+〕をクリックし同期されたIMAPフォルダー一覧を表示します。
フォルダー一覧から〔Sent〕を選択し、〔OK〕をクリックします。

[インターネット電子メール設定]画面が表示されますので 、〔フォルダ〕タブをクリックします。

STEP 6

電子メールアカウントの変更]画面に戻りますので、〔次へ(N)>〕をクリックします。

[インターネット電子メール設定]画面に戻りますので、〔次へ(N)>〕をクリックします。

STEP 7

完了〕をクリックし、[セットアップの完了]画面を閉じます。

〔完了〕をクリックし、[セットアップの完了]画面を閉じます。

STEP 8

閉じる(C)〕をクリックし、[電子メール アカウント]画面を閉じます。
※この画面が表示されない場合は次の手順に進みます。

〔閉じる(C)〕をクリックし、[電子メール アカウント]画面を閉じます。

STEP 9

受信トレイ〕をクリックし、メニューバーから〔ツール(T)〕→〔IMAPフォルダ(M)...〕をクリックします。

〔受信トレイ〕をクリックし、メニューバーから〔ツール(T)〕→〔IMAPフォルダ(M)...〕をクリックします。

STEP 10

IMAP フォルダ]画面が表示されます。
クエリ(Q)〕をクリックします。

[IMAP フォルダ]画面が表示されます。
〔クエリ(Q)〕をクリックします。

STEP 11

フォルダー一覧に、表示 / 非表示状態のすべてのフォルダーが表示されます。

フォルダー一覧に、表示 / 非表示状態のすべてのフォルダーが表示されます。

STEP 12

フォルダーを表示したい場合は、任意のフォルダーを選択し〔購読(S)〕をクリック、非表示にしたい場合は〔購読取り消し(U)〕をクリックします。

フォルダーを表示したい場合は、任意のフォルダーを選択し〔購読(S)〕をクリック、非表示にしたい場合は〔購読取り消し(U)〕をクリックします。

※表示状態のフォルダーには、フォルダー名の横にアイコンが付きます。

現在表示状態のフォルダー一覧は「購読済み」タブから確認できます。

下記のフォルダーが表示状態になっている場合は、使用しないフォルダーですので非表示に変更してください。

  • Chats
  • Comments
  • Contacts
  • Emailed Contacts

また、eoWEBメール上でフォルダーを作成している場合は、必要に応じてそのフォルダーを表示する設定に変更してください。

STEP 13

購読を取り消したフォルダー名〕の横のアイコンがなくなります。 〔OK〕をクリックします。
※ ここでは例として〔Chats〕フォルダーを選択し、購読取り消ししています。

〔購読を取り消したフォルダー名〕の横のアイコンがなくなります。 〔OK〕をクリックします。

STEP 14

フォルダ一覧に、購読を取り消したフォルダーが表示されなくなります。

フォルダ一覧に、購読を取り消したフォルダーが表示されなくなります。

IMAPによるメールの同期について

IMAPでメールの設定を行った場合の利点として、メールソフト内のフォルダーとeoWEBメール/eoメールサーバー内のフォルダーが同期されます。
そのため、例えばメールソフト側や他のパソコン、スマートフォンからメールを削除したり、特定のメールを違うフォルダーに移動した場合、eoWEBメールやIMAPで設定したすべてのメールソフトへ同様の状態が反映されます。
ただし、ご利用のメールソフトによっては、メールソフト側の仕様により、一部の情報の同期が取れず、いずれか一方のみに表示されるフォルダーがあったり、同じ内容のフォルダーでも名称が英語表記となってしまい、フォルダー名称を変更できません。
これはメールソフトの仕様となりますので、ご了承ください。

以下は、「Outlook 2007」側とeoWEBメール側のそれぞれに表示されるフォルダーの対照表です。

※フォルダーの対照表の記載は、本手順でメールの新規作成をおこなっていることが前提です。

メールソフト側の
フォルダー名
フォルダーの説明 eoWEBメール側の
フォルダー名
下書き ローカルのメールアカウント内の「下書き」に保存されます。注1 表示されません
Drafts eoWEBメールの「下書き」フォルダーの内容が同期されます。
Outlook 2007の下書きはローカルフォルダーの「下書き」に保存されます。
下書き
Junk eoWEBメールの「迷惑メール」フォルダーの内容が同期されます。 迷惑メール
(保存期間60日)
Sent eoWEBメールの「送信済み」フォルダーの内容が同期されます。 送信済み
Trash eoWEBメールの「ゴミ箱」フォルダーの内容が同期されます。
※ Outlook 2007で削除されたメールはこのフォルダーには入らず、メールに打ち消し線が入ります。
ゴミ箱
(保存期間60日)
受信トレイ 受信したメールが保存される基本のフォルダーです。 受信箱
迷惑メール 迷惑メール用のフォルダーです。
(eoWEBメールの「迷惑メール」フォルダーとは異なります)
迷惑メール
検索フォルダ Outlook 2007の機能でメールの検索が可能なフォルダーです。
(eoWEBメールの検索フォルダーとは異なります)
表示されません

上の表で、※のついたフォルダーは「Outlook 2007」と同期した際にeoWEBメール側に自動的に作成されます。

注1 Outlook 2007の下書きフォルダーについて

Outlook 2007をIMAPで設定した場合、「下書き」フォルダーは設定したアカウントのフォルダー一覧に表示することができません。
そのため、元々あるデータファイルのフォルダー一覧に表示されている「下書き」フォルダーが使用されます。
メールの下書きを保存した場合は、元々あるデータファイルのフォルダー一覧を確認してください。
(以下の画像は一例です)

これでOutlook 2007の新規設定方法(IMAP)は完了です。