このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。

無線LANの設定方法 Windows 11

Windows 11で無線接続する方法をご説明します。

ご確認ください

パソコンなどを無線で利用するための無線ルーターの設定には、無線ルーターに貼られているシールに記載された「ネットワーク名(SSID)」と「暗号化キー」が必要です。

※シールが貼られていない場合などは、無線ルーターなどの取扱説明書をご確認ください。

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の場合

背面のシールをご確認ください。

STEP1/6

画面右下の〔〕(Wi-Fiが有効な場合)、または〔〕(Wi-Fiが無効な場合)を押します。

STEP1

STEP2/6

クイック設定画面が表示されます。
Wi-Fiアイコンの右にある〔〕を押します。

STEP2

Wi-Fiアイコンが白くなっている場合はWi-Fiが無効になっています。
有効にするには、Wi-Fiアイコンを押します。

STEP3/6

現在受信している無線ネットワーク一覧が表示されます。
接続する〔ネットワーク名(SSID)〕を押します。

無線周波数帯(2.4GHz/5GHz)により、SSIDが異なります。ご利用の機器が5GHzに対応している場合は、電波干渉に強い5GHz(eoRT-*******-a)のご利用をおすすめします。

STEP3

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の側面

※eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo))は、本体底面のシールに「WARPSTAR-XXXXXX」と記載されています。付属のスタンドでシールが隠れている場合は、スタンドを奥へスライドさせてご確認ください。

※市販の無線ルーターをご利用のお客さまは、本体側面や底面のシールをご確認ください。ご不明の場合は、無線ルーターのメーカーへお問い合わせください。

STEP4/6

自動的に接続〕にチェックを入れ、〔接続〕を押します。

STEP4

STEP5/6

ルーターの「セキュリティキー(暗号化キー)」を入力し、〔次へ〕を押します。

STEP5

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の側面

※eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo))は、本体底面のシールに「暗号化キー」の右側に「英数13桁の番号」が記載されています。

※市販の無線ルーターをご利用のお客さまは、本体側面や底面のシールをご確認ください。ご不明の場合は、無線ルーターのメーカーへお問い合わせください。

※「暗号化キー」ではなく、「セキュリティーキー」、「ネットワークキー」、「WEPキー」、「WPAキー」などと書かれていることもあります。

STEP6/6

接続設定を行った「ネットワーク名(SSID)」欄に「接続済み」と表示されていれば、完了です。

STEP6

接続しているSSIDは、クイック設定画面のWi-Fiアイコンの下にも表示されます。

以上でWindows 11の無線LAN設定は完了です。