このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。

無線LANの設定方法 Windows® 10

ここではWindows 10のVer.1909をご利用で、無線で接続する方法についてご説明します。

ご確認ください

パソコンなどを無線で利用するための無線ルーターの設定には、無線ルーターに貼られているシールに記載された「ネットワーク名(SSID)」と「暗号化キー」が必要です。

※シールが貼られていない場合などは、無線ルーターなどの取扱説明書をご確認ください。

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の場合

背面のシールをご確認ください。

自動検出されたネットワークに接続する

STEP1/5

画面右下(通知領域)の〔画面右下のタスクトレイの〔 Wi-Fiアイコン〕を押します。〕を押します。

画面右下(通知領域)の〔 Wi-Fiアイコン〕を押します。

右下にWi-Fiアイコンが無い場合

  1. 1設定〕→〔ネットワークとインターネット〕を押します。

    〔設定〕→〔ネットワークとインターネット〕を押します。

  2. 2利用できるネットワークの表示〕を押します。

    〔利用できるネットワークの表示〕を押します。

STEP2/5

画面右側に、現在受信している無線ネットワークの一覧が表示されます。
接続する〔ネットワーク名(SSID)〕を押します。

無線周波数帯(2.4GHz/5GHz)により、SSIDが異なります。ご利用の機器が5GHzに対応している場合は、電波干渉に強い5GHz(eoRT-*******-a)のご利用をおすすめします。

接続する〔ネットワーク名(SSID)〕を押します。

赤枠部分の拡大画像

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の側面

※eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo))は、本体底面のシールに「WARPSTAR-XXXXXX」と記載されています。付属のスタンドでシールが隠れている場合は、スタンドを奥へスライドさせてご確認ください。

※市販の無線ルーターをご利用のお客さまは、本体側面や底面のシールをご確認ください。ご不明の場合は、無線ルーターのメーカーへお問い合わせください。

STEP3/5

自動的に接続〕にチェックを入れ、〔接続〕を押します。

〔自動的に接続〕にチェックを入れ、〔接続〕を押します。

STEP4/5

ルーターのセキュリティー キー(暗号化キー)を入力し、〔次へ〕を押します。

ルーターのセキュリティ キー(暗号化キー)を入力し、〔次へ〕を押します。

【例】eo光多機能ルーター(eo-RT100)の側面

※eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo))は、本体底面のシールに「暗号化キー」の右側に「英数13桁の番号」が記載されています。

※市販の無線ルーターをご利用のお客さまは、本体側面や底面のシールをご確認ください。ご不明の場合は、無線ルーターのメーカーへお問い合わせください。

※「暗号化キー」ではなく、「セキュリティーキー」、「ネットワークキー」、「WEPキー」、「WPAキー」などと書かれていることもあります。

STEP5/5

接続設定を行ったネットワーク名(SSID)の下に〔接続済み〕と表示されます。

接続設定を行ったネットワーク名(SSID)の下に〔接続済み〕と表示されます。

ネットワーク設定を再設定したい場合

一度接続した際に保存されていたネットワーク設定を削除したのちにSTEP1から設定をしてください

以上で、Windows 10の無線LAN設定は完了です。

手動で設定する

STEP1/7

スタートボタン〕→〔設定〕を押します。

〔スタートボタン〕→〔設定〕を押します。

STEP2/7

ネットワークとインターネット〕を押します。

〔ネットワークとインターネット〕を押します。

STEP3/7

画面を下にスクロールさせ、〔ネットワークと共有センター〕を押します。

画面を下にスクロールさせ、〔ネットワークと共有センター〕を押します。

STEP4/7

新しい接続またはネットワークのセットアップ〕を押します。

〔新しい接続またはネットワークのセットアップ〕を押します。

STEP5/7

ワイヤレスネットワークに手動で接続します。〕を選択し、〔次へ〕を押します。

〔ワイヤレスネットワークに手動で接続します。〕を選択し、〔次へ〕を押します。

STEP6/7

各項目を入力します。
暗号化の種類に応じて選択してください。
この接続を自動的に開始します〕にチェックを入れ、〔次へ〕を押します。

〔この接続を自動的に開始します〕にチェックを入れ、〔次へ〕を押します。

「セキュリティの種類」のプルダウンメニュー

〔この接続を自動的に開始します〕にチェックを入れ、〔次へ〕を押します。

ネットワーク名 ルーターの「ネットワーク名(SSID)」(初期値はルーター本体などに記載)
セキュリティの種類 セキュリティの種類
暗号化の種類 暗号化の種類
ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する 初期状態ではチェックが外れています。
セキュリティ キー ルーターの「暗号化キー」(初期値はルーター本体などに記載)

※お客さまで設定を変更している場合は、その内容にしたがって選択・入力してください。

ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)を有効にした場合

ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する〕にチェックを入れます。

※チェックが入っていないとパソコン再起動後に無線接続できなくなる場合があります。

STEP7/7

閉じる〕を押します。

〔閉じる〕を押します。

「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を行った場合

設定完了から、ワイヤレスネットワークに接続されるまで、時間がかかる場合があります。
接続できているかどうかは、ネットワークバーを表示し、設定したSSID(ネットワーク名)に「接続済み」が表示されているかで確認できます。

以上で、Windows 10の無線LAN設定は完了です。