このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

つながりにくい・途切れる場所がある

無線ルーターと端末の距離が遠すぎたり、障害物がある場合、電波状況が不安定になることがあります。
以下の改善策をお試しください。

STEP1:すべての機器を再起動してみましょう

ご利用中の接続機器のどれかが、一時的に不安定になっている場合があります。機器類をすべて順番に再起動してみることで、接続できる可能性があります。
まずは以下の手順で再起動をしてみましょう。適切な手順で再起動しなければ、不具合の原因になることがありますので、必ず以下の手順をお守りください。
※それぞれの機器をつないでいるLANケーブルが緩んでないかを確認してください。

再起動の流れ

※1 eo光電話アダプターやブロードバンドルーターをご利用の場合は、回線終端装置⇒eo光電話アダプター⇒ブロードバンドルーターの順に電源を入れてください。

1 パソコンなど、ご利用中のインターネット利用端末の電源をオフにします。
2

上記イラストの①から順番に、電源コードをコンセントから抜いていきます。

※接続されている機器の台数はお客さまのご利用環境により異なります。

【機器一例】

3

回線終端装置の電源コードをコンセントから抜いて、約30秒間待ちます。

4

抜いた順番とは逆にコンセントに挿していきます。
その後約5分待つと、再起動が完了します。

5 最後にパソコンなどの電源を入れ、インターネットへの接続をお試しください。
※eo光電話をご利用の方は、電話が使えるかどうかを念のためご確認ください。

STEP2:無線ルーターの設置場所を変更する

無線ルーターの設置場所を変更することで症状が改善する場合があります。
以下を参考に、無線ルーターの設置位置変更をお試しください。

無線ルーターの設置に 向いている 場所

・家の中心
・床から1m以上の高い場所(周りに障害物が少ない)

無線ルーターの設置に向いている場所

無線ルーターの設置に 向いていない 場所

(A) 部屋の隅、床に直置き
(B) 水槽の横
(C) 電子レンジの近く
(D) 金属製の棚や箱の中

無線ルーターの設置に向いていない場所
妨害度

STEP3:中継機を設置する

無線ルーターと端末の距離を近づけることが難しい場合は、無線LAN中継機を設置することで改善する場合があります。
無線LAN中継機とは、パソコンやスマートフォンを無線接続したいエリアに電波が十分に届かない場合に設置し、快適に無線接続できる範囲を広げるための機器です。
弊社でのレンタルをご希望の場合は、以下リンク先をご確認ください。

eo無線LAN中継器レンタルサービス

eo無線LAN中継機 設置場所の決定方法(WPS利用)

設置前後イメージ

STEP4:無線規格を変更する

ご利用環境にあった種類の無線に接続することで、症状が改善する場合があります。
無線の接続規格の変更をお試しください。

ご利用の端末のWi-Fi設定画面で、現状と異なる無線規格のSSIDを選択してください。

無線規格を変更する

※上の画像はeo光多機能ルーターを例にしています。

※無線ルーターや端末が5GHzに対応していない場合、「-a」のSSIDは表示されません。 お手持ちのルーターの対応規格やSSIDの表示については、説明書などをご覧ください。

無線規格の詳細については、以下リンク先をご確認ください。

電波の周波数帯の違いについて知りたい。

上記を試しても改善しない場合は、以下リンク先をお試しください。