このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

どの端末でもつながりにくい・途切れる

すべての端末が、どこにいてもインターネットにつながりにくかったり、途切れたりする場合、お客さまの端末やブロードバンドルーターの無線の設定を変更することで、改善する場合があります。
以下の改善策をお試しください。

STEP1:無線規格を変更する

ご利用環境にあった種類の無線に接続することで、症状が改善する場合があります。
無線の接続規格の変更をお試しください。

ご利用の端末のWi-Fi設定画面で、現状と異なる無線規格のSSIDを選択してください。

無線規格を変更する

※上の画像はeo光多機能ルーターを例にしています。

※無線ルーターや端末が5GHzに対応していない場合、「-a」のSSIDは表示されません。 お手持ちのルーターの対応規格やSSIDの表示については、説明書などをご覧ください。

無線規格の詳細については、以下リンク先をご確認ください。

電波の周波数帯の違いについて知りたい。

STEP2:無線を安定化させる設定をする

無線の機能を変更することで、症状が改善することがあります。
eo光多機能ルーターをご利用の場合は下記の手順に従い、各機能を無効に変更してください。
他社ブロードバンドルーターをご利用の場合は、取扱説明書などで同様の機能があるかをご確認の上、無線機能の設定の変更をお試しください。

無線を安定化させる設定の詳細については、以下リンク先をご確認ください。

無線を安定化させる設定とは?

手順 1

以下リンク先の手順に沿ってクイック設定Webにログインし、[eo光多機能ルータークイック設定Web]を表示させてください。

クイック設定Webの起動の仕方・使い方

手順 2

[無線LAN設定]から、[無線LAN詳細設定(2.4GHz)]または、[無線LAN詳細設定(5GHz)]を選択します。

※お客さまにて設定した無線規格(2.4GHz帯または5GHz帯)を選択してください。

無線LAN規格設定

手順 3

[デュアルチャネル機能(2.4GHz帯ご利用の場合)]または[クワッドチャネル機能(5GHz帯ご利用の場合)]の〔使用する〕のチェックを外します。

無線LAN規格設定

無線LAN規格設定

手順 4

設定〕をクリックします。

警告のダイアログが表示された場合

内容をご確認のうえ、〔OK〕をクリックしてください。

手順 5

無線LAN設定〕から、〔無線LAN基本設定〕を選択します。

手順 6

ショートガードインターバル]のプルダウンから、〔無効〕を選択します。

無線LAN規格設定

手順 7

設定〕をクリックします。

警告のダイアログが表示された場合

内容をご確認のうえ、〔OK〕をクリックしてください。

手順 8

保存〕をクリックすると、設定内容が保存されます。

以上で、無線を安定化させる設定は完了です。

【参考】クイック設定Webの画面詳細は、以下リンク先をご覧ください。

eo光多機能ルーター 無線LAN機能の使い方/機能一覧

10ギガ多機能ルーターご利用の場合

STEP3:無線LANのチャネルを変更する

無線LANのチャネル(周波数の帯域)を変更することで、近隣で使用されている他の無線LAN機器や家庭用電化製品などとの電波干渉を防ぐことができる場合があります。

無線LANのチャネル

(幅は規格によって異なる)

チャネルを変更する方法は、ご利用の無線ルーターの取扱説明書をご確認ください。
eo光多機能ルーターまたはeo光無線ルーターをご利用の場合は、以下リンク先をご確認ください。

eo光多機能ルーターをお使いの方

無線チャネルの詳細については、以下リンク先をご確認ください。

無線LANのチャネル変更とは?

上記を試しても改善しない場合は、以下リンク先をお試しください。