このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

無線LANの電波干渉を防ぐために使用チャネルを変更する

ここでは、無線LANの電波干渉を防ぐための使用チャネル確認、および変更方法をご説明します。

無線LANの電波干渉とは

無線LANをご利用の際、近くにある他の無線機器が同じ(または近い)チャネルで使用されていると、お互いの電波が干渉して、無線の速度が低下することがあります。
無線LANの通信状態が悪い場合は、手動でチャネルを変更して電波干渉を防ぐことで、通信状態が改善するかお試しください。
※本機器は、お届け時の状態では使用チャネルを自動で設定する「オートチャネルセレクトモード」が有効になっています。

「オートチャネルセレクトモード」の詳細については、以下をご覧ください。

オートチャネルセレクトモード

なお、2.4GHz帯(802.11n/g/b)では、設定値の目安として、他の無線機器(他のルーターなど)が使用しているチャネルから4チャネル以上離すことで、より干渉を受けにくくなります。

  • 本機器に無線接続する無線LAN端末(パソコン・ゲーム機など)で対応した周波数帯域に合わせて設定してください。
  • 複数設定することも可能です。
  • プライマリーSSID/セカンダリーSSIDで共通の設定となります。

使用チャネルの確認・変更方法

STEP 1

「クイック設定Web」を開きます。

STEP 2

無線LAN設定〕から、〔無線LAN詳細設定(2.4GHz)〕または、〔無線LAN詳細設定(5GHz)〕を選択します。

〔無線LAN設定〕から、〔無線LAN詳細設定(2.4GHz)〕または、〔無線LAN詳細設定(5GHz)〕を選択します。

STEP 3

「使用チャネル」欄に表示されているチャネルを確認します。

※「オートチャネルセレクトモード」を有効にしている場合は、「使用チャネル」は表示されません。

[使用チャネル]欄に表示されているチャネルを確認します。

STEP 4

「オートチャネルセレクトモード」の〔使用する〕のチェックを外した上で、〔使用チャネル〕のプルダウンから使用したいチャネルを選択します。

「オートチャネルセレクトモード」の〔使用する〕のチェックを外した上で、〔使用チャネル〕のプルダウンから使用したいチャネルを選択します。

STEP 5

設定〕をクリックします。

警告のダイアログが表示された場合

内容をご確認のうえ、〔OK〕をクリックしてください。

画面右下の〔設定〕をクリックします。

STEP 6

保存〕をクリックすると、設定内容が保存されます。

〔保存〕をクリックします。設定内容が保存されます。

以上で、「使用チャネルの確認・変更方法」は完了です。
「クイック設定Web」の画面詳細については、以下をご覧ください。

無線LAN詳細設定 5GHz(クイック設定Web)

無線LAN詳細設定 2.4GHz(クイック設定Web)