このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

eo光電話子機の高度な設定(Android端末)

ここでは、Android端末のスマートフォンをeo光電話子機として利用する場合の高度な設定についてご説明いたします。
専用アプリ「AGEphone for eo」で、発着信ルールやSIPポートの設定などの詳細な設定を行うことができます。

「AGEphone for eo」は株式会社ageet(アギート)提供のアプリです。

「AGEphone for eo」の詳しい操作方法およびお問い合わせについては、以下のWebサイトをご覧ください。

株式会社ageet(アギート)

高度な設定

STEP 1

「設定」タブをタップすると以下の画面が表示されます。〔高度な設定〕をタップし、次ページへお進みください。

高度な設定

簡易設定〕をタップすると、子機として利用するための基本設定(内線番号・ユーザIDなどの設定)が行えます。
詳細は以下をご覧ください。

eo光電話 内線端末設定(アプリの設定方法)

STEP 2

各項目が表示されます。設定したい内容をタップします。

高度な設定

発着信ルール

発着信ルールを設定できます。

発着信ルール

ネットワーク設定

eo光多機能ルーターと無線接続が有効かを定期的に確認する設定ができます。

ネットワーク設定

SIPポート番号の設定

SIPポート番号を設定できます。(通常は変更する必要はありません。)

SIPポート番号の設定

メディア設定

ジッターバッファーサイズなど詳細なメディア設定ができます。

メディア設定

一般設定

電源管理や、発信や3G/LTE着信時の動作など一般設定ができます。

一般設定

発着信ルール

スマートフォン子機での発着信ルールについて設定できます。
「AGEphone for eo」経由のeo光電話からは発信不可である「警察(110)」、「救急(119)」、「海上保安庁(118)」が、初期状態では3GやLTE経由で発信するように設定されています。
並び順は優先度です。上位のルールが優先されます。

発着信ルール

①編集

設定項目を編集できます。
詳しくは「発着信ルールの詳細」をご覧ください。

発着信ルールの詳細

②削除

設定ルールを削除できます。

③上位に移動

ルールの優先度を上位に設定できます。
(最上位になっているルールでは選択できません)

④下位に移動

ルールの優先度を下位に設定できます。
(最下位になっているルールでは選択できません)

⑤新規作成ルール

新規にルールを作成できます。
詳しくは「発着信ルールの詳細」をご覧ください。

発着信ルールの詳細

発着信ルールの詳細

編集〕、〔新規作成ルール〕を選ぶと以下の発着信ルールの設定画面が表示されます。設定後、〔保存〕をタップしてください。

※〔編集〕の場合は、すでに設定されている値が入力されています。また、最後の〔保存〕、〔キャンセル〕は表示されていません。(自動保存されます)

発着信ルールの詳細

発着信ルールの名称

ルールの名称を設定します。(省略可能)

条件の種類

条件の種類を〔電話番号の比較〕、〔桁数の比較〕から選択します。

相手の電話番号〕を選んだ場合は比較する電話番号と条件を、〔桁数〕を選んだ場合は比較する桁数と条件を設定できます。

電話をかける時の動作

条件に合致したときの発信時の動作を、〔携帯電話会社の通話網から発信〕、〔AGEphone for eoで発信〕、〔確認する〕から選択します。

※〔確認する〕を選択した場合は、発信のたびに発信方法の確認画面が表示されます。

着信音

設定した条件で着信があったときの着信音を設定します。

着信時の動作

設定した条件で着信があったときの動作を以下から選択します。

  • 通常着信
  • 自動的に応答
  • 自動的に保留
  • 自動的に着信を拒否
  • 自動的に話し中を返す
  • 自動的に着信を無視
  • 自動的に留守番電話に接続

ネットワーク設定

eo光多機能ルーターと無線接続が有効かを定期的に確認するためのネットワークの設定を行います。
Keep Aliveパケット送信のON/OFFの切り替え、また、ONにした場合は「送信間隔(秒数)」が設定できます。
(初期では、15秒間隔でKeep Aliveパケットを送信する設定となっています)

ご確認ください

本設定をOFFにするとバッテリーの節約にはなりますが、ご利用の端末側の仕様により着信できない場合があります。

ネットワーク設定

ON/OFF

Keep Aliveパケットを送信するかどうかを設定します。

(秒数)

Keep Aliveパケットを送信する間隔の秒数を設定します。
(ONの時のみ有効)

SIPポート番号の設定

使用するSIPポートの指定を行います。
初期値では〔15060〕番が設定されています。

ご確認ください

15060〕番以外のSIPポートを設定すると、通話できなくなります。

SIPポート番号の設定

メディア設定

ジッターバッファーサイズ、ソフトウェアエコーキャンセル、エコーキャンセルの長さの設定を行います。
ジッターバッファーのサイズは60ms〜360msの間で指定できます。(初期値は、80msです)
また、〔詳細なメディア設定〕をタップすると、メディア設定の変更が可能です。

メディア設定

詳細なメディア設定

通常は、本項目の設定変更を行う必要はありません。
ご利用の端末に不具合が発生した場合のみ、設定を変更することで改善する場合があります。

ご確認ください

問題が発生していない場合は、設定の変更は行わないでください。

メディア設定

AudioManager Mode

AudioManager Modeを指定します。
初期値:MODE_NOMAL

Audio Source

Audio Source(音声入力のソース)を指定します。
初期値:VOICE_COMMUNICATION

AudioStream

AudioStream(音声出力のストリーム)を指定します。
初期値:VOICE_CALL

周波数

音声入出力の周波数を指定します。
初期値:RATE_16_KHZ

オーディオエンジン

通話に使用するオーディオエンジンの種類を選択できます。
通常は「JAVA」で使用し、通話音声に問題がある場合のみ、「OPEN_SL」を使用してください。
初期値:JAVA

スピーカー切り替え時の音声リセット

スピーカー切り替え時に音声問題が発生した場合に、本設定を変更することで改善される場合があります。
初期値:OFF

一般設定

一般設定を行えます。

一般設定

起動時に実行

本体起動時に、AGEphone for eoを実行するかどうかを設定できます。

初期値:OFF(実行しない)

電源管理

電源管理を以下から選択できます。
※〔スリープ状態での動作とWiFi接続を維持する〕を選択すると継続して着信を受けることができますが、バッテリーの消耗が大きくなります。

  • 何もしない(初期値)
  • スリープ状態での動作を維持する
  • スリープ状態での動作とWiFi接続を維持する
電話をかける時の動作

発信時、「AGEphone for eo」、または「初期の電話アプリ」のどちらで発信するかを設定できます。

初期値:AGEphone for eoで発信する

3G/LTE着信時の動作

3G/LTE着信時の動作を以下から選択できます。

  • AGEphone for eoの通話を保留にする(初期値)
  • AGEphone for eoの通話を切断する
  • 3G/TELの通話を切断する(非推奨)
通話履歴

AGEphone for eoの履歴」、または「端末の履歴」のどちらの通話履歴を利用するかどうかを設定できます。

初期値:端末の履歴を利用する

着信音

端末に登録されている着信音から着信時に再生する着信音を選択できます。