このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

無線LANの接続状況を確認する

設置場所を変更する

無線ルーターと接続したい端末(無線LAN子機)の間の距離が遠すぎたり、障害物があったりするために、電波状態が不安定になっている場合、接続したい端末を無線ルーターへ近づけたり、無線ルーターを電波を妨げるものから遠ざけたりすることで、速度が改善することがあります。

※eo光多機能ルーターなどの無線LAN親機のこと。Wi-Fiルーターと呼ばれることもある。

無線ルーター(親機)や接続したい端末(子機)を動かしても電波が届きにくい場合は、無線LAN中継機を設置することで改善する場合があります。

無線LAN中継機のご案内

電波干渉とは?
電波干渉とは、複数の同じ周波数帯の電波がぶつかるために、各電波の強度が弱くなってしまう現象のことです。
電波干渉を受ける代表的な例として、無線LANと同じ周波数帯の2.4GHz帯を使用する電子レンジやコードレス電話などが挙げられます。
同じ周波数帯の電波を利用する機器が多く、
混雑しやすい
利用する機器が少ない周波数帯のため、
混雑しにくい

無線LANの種類を変更する

無線には様々な種類があり、以下の表のような規格と特徴があります。
お客さまのご利用環境にあった無線LANの種類に接続しなおすことで、速度が改善することがあります。

ご確認ください

ご利用の機器が対応している場合は、電波干渉に強い5GHz帯(11acや11n)のご利用をおすすめします。

無線LAN規格 周波数帯 主な対応機器 対応機器の多さ
↑速い ↓遅い IEEE802.11ac 5GHz 最新のパソコン、スマートフォン、タブレット まだ少ないが増加中
IEEE802.11n 2.4GHz/5GHz 数年以内に発売されたパソコン、スマートフォン、タブレット 比較的多い
IEEE802.11a 5GHz 一部のパソコン 少ない
IEEE802.11g 2.4GHz 数年以前に発売されたパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、家電 多い
IEEE802.11b 2.4GHz 無線LAN普及当時のパソコン、古いゲーム機 多い
2.4GHz 5GHz
メリット
  • 遠方まで電波が届きやすく、障害物に強いため、壁や床を通しても比較的安定した通信が可能
  • 対応機器が多い
  • より高速の通信が可能
  • 電波干渉を受けにくい
デメリット
  • 電波干渉を受けやすく、無線が混雑する環境では安定した通信ができない
  • 障害物に弱く、通信距離が伸びると電波が弱くなる
  • 対応機器が少ない

無線LANのチャネルを変更する

無線LANのチャネル(周波数の帯域)を変更することで、近隣で使用されている他の無線LAN機器や家庭用電化製品などとの電波干渉を防ぐことができる場合があります。

無線LANのチャネル

(幅は規格によって異なる)

チャネルを変更する方法は、ご利用の無線ルーターの取扱説明書をご確認ください。
eo光多機能ルーターまたはeo光無線ルーターをご利用の場合は、以下のリンク先をご確認ください。

eo光多機能ルーターをお使いの方

ご確認ください

デュアルチャネル機能、クワッドチャネル機能、ショートガードインターバル機能を無効にする

これらは通信速度を高速化するための機能ですが、周囲に同じ帯域を使用する無線LAN機器が多数存在する場合は、通信が不安定となり、接続が切断されたり、速度が不安定になる場合があります。
こちらの機能を無効にすることで、速度が改善することがあります。

eo光無線ルーターをお使いの方

ご確認ください

eo光無線ルーターWR8300N(eo)で接続すると通信速度が遅い場合は、ECOモードが起動している可能性があります。

ECOモードを起動している状態(機器側面の「POWERランプ」がゆっくり緑点滅し、他のランプはすべて消灯)では、LAN側の通信速度が制限されます。

ECOモードが起動している場合は、ECOボタンを5秒以上押して、ECOモードを停止してください。