このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

NetTuneを使った設定方法

NetTuneというフリーソフトを使ってMTU/RWINを設定する方法をご紹介します。

ご確認ください

設定変更を行うと、Windowsのレジストリが編集されます。一つ間違えるとコンピューターが起動しなくなったり、システムやデータが破壊されてしまう恐れがありますので、ご注意ください。
設定方法をご紹介しますが、個別のソフトウェアに関するサポートはいたしかねますのであらかじめご了承ください。

NetTuneのダウンロードと準備

STEP 1

NetTune ダウンロードページへ」をクリックします。
「ntune160.exe」などのファイル(ファイル名は異なる場合があります)をデスクトップにダウンロードします。

STEP 2

デスクトップ上に保存された〔ntune160.exe〕をダブルクリックします。

デスクトップ上に保存された〔ntune160.exe〕

STEP 3

OK〕をクリックします。
デスクトップに「NetTune」フォルダーが展開されます。

インストールダイアログ

設定方法

STEP 1

デスクトップ上の〔NetTune〕フォルダーをダブルクリックし、フォルダーの内容を表示します。 〔NetTune.exe〕をダブルクリックし、NetTuneを起動します。

NetTuneフォルダー

STEP 2

MTUを設定します。
各項目の選択が終わりましたら〔設定〕をクリックします。

MTU設定

ネットワークアダプターの選択

プルダウンメニューからインターネット接続にご利用になるネットワークアダプターを選択します。

この例では「Intel(R) PRO/100 VE Network Connection」を選択しています。

MTUの選択 1454 (フレッツADSL)〕を選択します。

STEP 3

TCP Window Size〕タブをクリックし、RWINの設定を行います。
各項目の入力が終わりましたら〔設定〕をクリックします。

TCP Window Size設定

TCP Window Size (RWIN)

260176を入力します。

最適な値は環境により異なるため、何度か試して調整することをおすすめします。以下の値のうちのいずれかでお試しください。

  • 65044 (MSS(MTU-40バイト)の整数倍で65535を超えない最大値)
  • 130088 (65044 × 2)
  • 260176 (65044 × 4)
  • 520352 (65044 × 8)
Window Scaling RWINに65535バイト以上を設定すると自動的にチェックされます。

STEP 4

AFD〕タブをクリックし、DefaultReceiveWindow, DefaultSendWindowの設定を行います。
各項目の入力が終わりましたら〔設定〕をクリックします。

AFD設定

DefaultReceiveWindow STEP3のRWINに設定した値と同じ値を入力します。
DefaultSendWindow STEP3のRWINに設定した値と同じ値を入力します。

以上で設定は完了です。パソコンを再起動して設定を反映させてください。

設定方法

NetTuneというフリーソフトを使った設定方法をご紹介します。

参考

ページの先頭へ

前のページに戻る