このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

Windows メール設定済み内容の確認方法

ここでは、「新規設定方法」で作成したメールアカウントの設定確認方法について説明します。
メール送受信時にエラーが表示された場合など、設定を確認する必要がある場合などにご利用ください。
メール盗聴防止サービスを利用する設定を行っている場合は、「メール盗聴防止サービスの設定方法」をご参照ください。

メール盗聴防止サービスの設定方法

設定済み内容の確認方法

STEP 1

スタートスタート )〕→〔電子メール(Windows メール)〕をクリックして、[Windows メール]を起動します。

[Windowsメール]を起動します。

[Windows メール]が見当たらない場合は、〔スタート〕をクリックし、〔すべてのプログラム〕→〔Windows メール〕をクリックします。

STEP 2

メニューバーの〔ツール(T)〕から〔アカウント(A)...〕をクリックします。

メニューバーの〔ツール(T)〕から〔アカウント(A)...〕をクリックします。

STEP 3

インターネットアカウント]の画面が表示されますので、設定を確認したいアカウントをクリックして選択し、〔プロパティ(P)〕をクリックします。

[インターネットアカウント]の画面が表示されますので、設定を変更したいアカウントをクリックして選択し、〔プロパティ(P)〕をクリックします。

STEP 4

全般〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

〔全般〕のタブをクリックします。

メールアカウント

任意の名前」 (例:「pop.eonet.ne.jp」)

確認しているメールアカウントの設定名です。
ここに入力した名前がアカウントの項目に表示されます。

名前(N)

お客様の「お名前

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。ニックネームなど自由に入力することができます。

ここで入力された名前がメールの送信者名(差出人名)になります。

会社(O)

任意で会社名を入力します。

空欄のままでも問題ありません。

電子メールアドレス(M)

お客様の「メールアドレス※半角入力

入力されているメールアドレスに間違いがある(不要なカンマなどが入っているなど)場合、メール送信時にエラーが表示される原因となります。
返信アドレス(Y)」に任意で返信先を指定していない場合は、ここに入力されたメールアドレスに対して返信が行われます。

返信アドレス(Y)

電子メールアドレス(M)」に入力したメールアドレスとは別のメールアドレスで、返信されたメールを受信したい場合に任意で入力します。

空欄のままでも問題ありません。

メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める(I)

必ずチェックを入れます。

ここにチェックが入っていない場合、正常に送受信が行われません。

STEP 5

サーバー〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

確認が終わりましたら〔設定(E)〕をクリックします。

〔サーバー〕のタブをクリックします。

受信メールサーバーの種類(M) POP3」と表示されていることを確認します。
受信メール(POP3)(I)

pop.eonet.ne.jp※半角入力

入力が間違っている場合は、送受信が正常に行えません。

送信メール(SMTP)(U)

smtpauth.eonet.ne.jp※半角入力

入力が間違っている場合は、送受信が正常に行えません。

ユーザー名(A) お客様の「メールアドレス※半角入力
パスワード(P)

入力したパスワードはセキュリティ上の理由で表示されていません

入力しなおす場合は、登録証に記載の「メールパスワード(またはPOPパスワード)」を入力してください。
メールパスワード(またはPOPパスワード)を変更された場合はお客様が指定したパスワードを入力してください。

パスワードを保存する(W)

通常はチェックを入れます。

ここにチェックが入っていない場合、送受信ごとにパスワードを入力する必要があります。

セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)

通常はチェックを外します。

ここにチェックが入っている場合、送受信が正常に行えません。

このサーバーは認証が必要(V)

チェックが入っていることを確認します。

この項目にチェックが入っていることにより、〔設定(E)〕がクリックできるようになりますので、クリックして〔受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)〕にチェックが入っていることを確認します。

STEP 6

接続〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

〔接続〕のタブをクリックします。

このアカウントには次の接続を使用する(U)

通常チェックを入れます。

このチェックを外している場合は、〔インターネットオプション〕の〔接続〕のタブで設定した接続でメールを送受信することになります。

選択する接続設定名

ローカルエリアネットワーク(LAN)

  • eo光ネットで「eo接続ツール」を使用している場合
  • eo光ネットでやブロードバンドルーター(または無線LAN機器)を利用している場合
  • eo光ネット【マンションタイプ】プライベートプランを利用している場合
  • eo ADSLを使用している場合

K-OPT

  • eo光ネットでブロードバンドルーターや無線LANを利用していない場合

STEP 7

セキュリティ〕のタブをクリックします。
画面はデフォルトの状態です。通常、設定を変更する必要はありません。

〔セキュリティ〕のタブをクリックします。

STEP 8

詳細設定〕のタブをクリックします。
各項目を確認します。

〔詳細設定〕のタブをクリックします。

送信メール(SMTP)(O)

587

デフォルトでは[25]が表示されています。

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q) 通常はチェックを外します。
受信メール(POP3)(I)

110

デフォルトでは[110]が表示されています。

このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C) 通常はチェックを外します。
サーバーのタイムアウト

デフォルトでは1分になっています。

メール受信中にタイムアウトしてしまう場合などは、タイムアウト時間を長く変更します(最長で5分)。

次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する(B)

デフォルトではチェックは外れています。
任意で設定してください。

一通あたりのメール送受信可能容量は20MBです。

サーバーにメッセージのコピーを置く(L)

デフォルトではチェックは外れています。
任意で設定してください。

このチェックを入れておくと、サーバーにメッセージのコピーを残します。別のパソコンでも同じメールを受信したいときなどにチェックを入れます。ただし、メッセージのコピーがサーバーに大量に残りますと、新しいメッセージを受信できなくなることがありますのでご注意ください。

STEP 9

適用(A)〕→〔OK〕をクリックして[プロパティ]の画面を閉じます。

〔適用(A)〕→〔OK〕をクリックして[プロパティ]の画面を閉じます。

これでWindows メールのアカウント設定確認方法は終了です。

ページの先頭へ

前のページに戻る