このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

無線LANの設定方法 Mac OS X 10.4〜10.2

AirMacカード内蔵のMac OS X 10.4〜10.2のパソコンをご利用で、無線で接続する方法についてご説明します。
※ 画面はMac OS X 10.4.11をもとにご説明します。Mac OS X 10.4.10〜10.2では一部画面が異なる部分もありますが、ほぼ同じ方法で設定できます。

STEP 1

アップルメニュー(画面左上のリンゴのマーク)〕→〔システム環境設定...〕をクリックします。

〔アップルメニュー(画面左上のリンゴのマーク)〕→〔システム環境設定...〕をクリックします。

STEP 2

ネットワーク〕をクリックします。

〔ネットワーク〕をクリックします。

STEP 3

ネットワーク環境:〕の上下の三角をクリックし、〔新しいネットワーク環境...〕 をクリックします。

〔ネットワーク環境:〕の上下の三角をクリックし、〔新しいネットワーク環境...〕 をクリックします。

STEP 4

新しいネットワーク環境の名前:〕に入力されている文字(名称未設定)を消していただき、「eoBBR」と入力します。〔OK〕をクリックします。

〔新しいネットワーク環境の名前:〕に入力されている文字(名称未設定)を消していただき、「eoBBR」と入力します。 〔OK〕をクリックします。

STEP 5

表示:〕の上下の三角をクリックし、〔AirMac〕をクリックします。

〔表示:〕の上下の三角をクリックし、〔AirMac〕をクリックします。

STEP 6

AirMac〕をクリックします。
メニューバーにAirMacの状況を表示〕にチェックを入れます。

〔メニューバーにAirMacの状況を表示〕にチェックを入れます。〔AirMacを入にする〕をクリックします。

STEP 7

デスクトップ画面右上の〔AirMacのアイコン(AirMac〕 をクリックし、〔AirMacを入にする〕をクリックします。

デスクトップ画面右上の〔AirMacのアイコン〕 をクリックし、〔AirMacを入にする〕クリックします。

左の画面のように、「AirMac:入」が灰色の文字になっていてクリックできない場合は、クリックせずに次の手順に進んでください。

左の画面のように、「AirMac:入」が灰色の文字になっていてクリックできない場合は、クリックせずに次の手順に進んでください。

STEP 8

デフォルトの接続先〕の上下の三角をクリックし、〔優先するネットワーク〕 をクリックします。〔〕をクリックします。

〔デフォルトの接続先〕の上下の三角をクリックし、〔優先するネットワーク〕 をクリックします。 〔+〕をクリックします。

STEP 9

ネットワーク名:〕の下向きの三角をクリックし、〔ネットワーク名(SSID)〕クリックします。

〔ネットワーク名:〕の下向きの三角をクリックし、〔ネットワーク名(SSID)〕クリックします。

「ネットワーク名(SSID)」はご利用のブロードバンドルーター、無線LAN機器によって異なります。

ネットワーク名 (SSID) eo光多機能ルーター(eo-RT100)をご利用のお客さま

eo光多機能ルーター

eo-RT-○○○○

○○にはお客さま固有の値が入ります。
お届け時の「ネットワーク名(SSID)」は、機器本体の側面に貼付されたシールまたは、同梱の「eo光多機能ルーター 設定情報シート」でご確認いただけます。

eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo)、WR6650N(eo)) をご利用のお客さま

eo光無線ルーターレンタルサービス

WARPSTAR-○○○○

○○にはお客さま固有の値が入ります。
お届け時の「ネットワーク名(SSID)」は、ご利用の場合は、本体底面のラベルに貼付されたシールに記載されております。

一般の市販の無線ルーターをご利用のお客さま 「ネットワーク名(SSID)」の記載場所は、ご利用のルーターの機種によって、記載場所はさまざまですが、一般的には、本体側面や底面に記載されています。不明な場合はご利用のルーターのメーカーへお問い合わせください。
eo光多機能ルーター(eo-RT100)をご利用のお客さま

eo光多機能ルーター

eo-RT-○○○○

○○にはお客さま固有の値が入ります。
お届け時の「ネットワーク名(SSID)」は、機器本体の側面に貼付されたシールまたは、同梱の「eo光多機能ルーター 設定情報シート」でご確認いただけます。

eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo)、WR6650N(eo))をご利用のお客さま

eo光無線ルーターレンタルサービス

WARPSTAR-○○○○

○○にはお客さま固有の値が入ります。
お届け時の「ネットワーク名(SSID)」は、ご利用の場合は、本体底面のラベルに貼付されたシールに記載されております。

一般の市販の無線ルーターをご利用のお客さま 「ネットワーク名(SSID)」の記載場所は、ご利用のルーターの機種によって、記載場所はさまざまですが、一般的には、本体側面や底面に記載されています。不明な場合はご利用のルーターのメーカーへお問い合わせください。

STEP 10

ワイヤレスセキュリティー:〕の上下の三角をクリックし、〔WPS2パーソナル〕をクリックします。「パスワード」に「暗号化キー」を入力します。

※〔パスワードを表示〕にチェックを入れると、入力した文字を確認しながら設定していただけます。

OK〕をクリックします。

〔ワイヤレスセキュリティ:〕の上下の三角をクリックし、〔WPS2パーソナル〕をクリックします。 「パスワード」に「暗号化キー」を入力します。

「セキュリティー キー(暗号化キー)」はご利用のブロードバンドルーター、無線LAN機器によって異なります。

セキュリティー キー(暗号化キー) eo光多機能ルーター(eo-RT100)をご利用のお客さま

eo光多機能ルーター

お届け時の「セキュリティー キー(暗号化キー)」は、機器本体の側面に貼付されたシールまたは、同梱の「eo光多機能ルーター 設定情報シート」でご確認いただけます。
eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo)、WR6650N(eo)) をご利用のお客さま

eo光無線ルーターレンタルサービス

お届け時の「セキュリティー キー(暗号化キー)」は、ご利用の場合は、本体底面のラベルに貼付されたシールに記載されております。
一般の市販の無線ルーターをご利用のお客さま セキュリティー キー(暗号化キー)」の記載場所は、ご利用のルーターの機種によって、記載場所はさまざまですが、一般的には、本体側面や底面に記載されています。不明な場合はご利用のルーターのメーカーへお問い合わせください。
eo光多機能ルーター(eo-RT100)をご利用のお客さま

eo光多機能ルーター

お届け時の「セキュリティー キー(暗号化キー)」は、機器本体の側面に貼付されたシールまたは、同梱の「eo光多機能ルーター 設定情報シート」でご確認いただけます。
eo光無線ルーター(WR8300N(eo)、WR8150N(eo)、WR6650N(eo))をご利用のお客さま

eo光無線ルーターレンタルサービス

お届け時の「セキュリティー キー(暗号化キー)」は、ご利用の場合は、本体底面のラベルに貼付されたシールに記載されております。
一般の市販の無線ルーターをご利用のお客さま セキュリティー キー(暗号化キー)」の記載場所は、ご利用のルーターの機種によって、記載場所はさまざまですが、一般的には、本体側面や底面に記載されています。不明な場合はご利用のルーターのメーカーへお問い合わせください。

STEP 11

TCP/IP」〕をクリックします。
IPv4の設定:〕の上下の三角をクリック、〔DHCPサーバーを参照〕をクリックします。
今すぐ適用〕をクリックします。

〔TCP/IP」〕をクリックします。〔IPv4の構成:〕の上下の三角をクリック、〔DHCPサーバーを参照〕をクリックします。〔今すぐ適用〕をクリックします。

STEP 12

デスクトップ画面右上の〔AirMacのアイコンAirMacのアイコン )〕 をクリックし、〔インターネット接続を開く...〕をクリックします。

デスクトップ画面右上の〔AirMacのアイコン〕 をクリックし、〔インターネット接続を開く...〕をクリックします。

STEP 13

状況〕に「ネットワーク名(SSID)に接続」と表示されれば、無線接続の設定方法は完了です。

〔状況〕に「ネットワーク名(SSID)に接続」と表示されれば、無線接続の設定方法は完了です。

以上で、Mac OS X 10.4〜10.2の無線設定方法は完了です。