このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

パソコンの設定方法 (ブロードバンドルーターなし) Windows 10 PPPoE認証の設定

ここではWindows® 10のPPPoEの設定を行います。

PPPoE接続の作成

STEP 1

画面左下の〔スタートボタン editpen 〕を右クリックします。

STEP1

STEP 2

コントロールパネル(P)〕をクリックします。

STEP2

STEP 3

ネットワークの状態とタスクの表示〕をクリックします。

STEP3

上の画面が別の表示になっている場合

アイコン表示となっている場合は、画面右上の〔〕プルダウンメニューから〔カテゴリ(C)〕をクリックします。

STEP3

STEP 4

新しい接続またはネットワークのセットアップ〕をクリックします。

STEP4

STEP 5

インターネットに接続します〕をクリックします。
次へ(N)〕をクリックします。

STEP5

以下の画面が表示された場合

次へ〕をクリック後、以下の画面が表示される場合があります。
いいえ、新しい接続を作成します」が選択されていることを確認して、〔次へ〕をクリックしてください。

STEP5

STEP 6

ブロードバンド(PPPoE) (R)〕をクリックします。

STEP6

STEP 7

各項目を入力して、〔接続(C)〕をクリックします。

STEP7

ユーザー名(U)

登録証記載の「認証ID※半角入力

コース変更をした場合は、認証IDが変更になる場合があります。
こちら をご覧ください。

パスワード(P) 登録証記載の「認証IDパスワード※半角入力
パスワードの文字を表示する(S)

チェックを入れます。

入力の際、上の画面のようにパスワードに入力した文字列が表示されます。

このパスワードを記憶する(R) チェックを入れます。
接続名(N) eo※半角入力
他の人がこの接続を使うことを許可する(A)

任意でチェックを入れます。

複数のユーザーアカウントを作成し、別のユーザーもこの設定を利用してインターネットに接続する場合はチェックを入れます。

STEP 8

接続中の画面になりますので、そのまま待ちます。

STEP8

STEP 9

インターネットへの接続が完了すると、下の画面が表示されます。
閉じる(C)〕をクリックします。

STEP9

接続に失敗した場合

ユーザー名やパスワードの入力に誤りがあった場合は、下の画面のように[エラー691により接続に失敗しました]の画面が表示されます。

画面左上の〔〕をクリックすると、STEP7 の入力画面に戻ることができます。
ユーザー名とパスワードを入力し、再設定を行ってください。

STEP9

これでWindows® 10でのPPPoEの設定は完了です。