このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

クワッドチャネル機能

ここでは、eo光多機能ルーターが対応している「クワッドチャネル機能」についてご説明します。
本機器では、無線LANで利用する通信チャネルの幅を、20MHzから80MHzに拡大することにより、約4倍の通信速度を実現するクワッドチャネル通信機能を搭載しています。
※クワッドチャネル通信機能が利用可能な周波数帯は、IEEE802.11acの5GHz帯です。

ご確認ください

  • クワッドチャネルをご利用いただくには無線子機の規格が対応している必要があります。
  • ご利用の周囲に同帯域を使用する無線LAN機器が多数存在する場合は、通信が不安定となり、接続が切断されたり、速度が不安定になる場合があります。そのような場合には使用するチャネルを変更するか、デュアルチャネル機能、クワッドチャネル機能、ショートガードインターバル機能を無効にしてご利用ください。
  • プライマリーSSID/セカンダリーSSIDで共通設定です。

デュアルチャネル(2.4GHz)

ショートガードインターバル

無線LANの電波干渉を防ぐために使用チャネルを変更する

「クワッドチャネル機能」を有効にする方法

STEP 1

「クイック設定Web」を開きます。

クイック設定Webの起動の仕方・使い方

STEP 2

無線LAN設定〕から、〔無線LAN詳細設定(5GHz)〕を選択します。

STEP 3

[クワッドチャネル機能]の〔使用する〕へチェックを入れます。

STEP 4

設定〕をクリックします。

警告のダイアログが表示された場合

内容をご確認のうえ、〔OK〕をクリックしてください。

STEP 5

保存〕をクリックすると、設定内容が保存されます。

以上で、「クワッドチャネル機能を有効にする方法」は完了です。
「クイック設定Web」の画面詳細については、以下をご覧ください。

無線LAN詳細設定 5GHz(クイック設定Web)